2005年28歳にして大腸癌を患うも、旦那と共にお気楽な日々を送る嫁の日常です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
怪奇 はやいはやいオババ
土日ともなると必然的に面会の人も多くなります
人が多くなると言う事は、それだけ変な人も多くなります

昨日、最も面会の多い昼過ぎ、トイレに行こうとして廊下に出ると
ラウンジの方から子供の泣き声が、ずんずん近付いて来るので、思わず見ると
オババが、泣きわめく子供を乗せたベビーカーを、すごい早足で押しながら
「ほ~ら、はやいはや~い」
と言いながら通り過ぎて行きました
子供は泣き止む気配は無く、泣き声は病棟に響き渡り
再び近付いて来たんです!
オババはあろう事か、回廊型の病棟廊下をグルグルと回り始めたのです
「ほ~ら、はやいはや~い」と言いながら・・・
これはもう怪奇現象といって差し支えないでしょう
ベビーカーを前後に動かして子供をあやすのは見た事ありますが、高速でベビーカーを押して、あやすだなんて初めて見ました。
もし、それがあの子が泣き止む、いつもの方法なら良いけれども、どう見ても泣きやむ気配は無く3周目にどこかへフェイドアウトして行きました・・・
病院は非日常空間で、カーテン1枚隔てて赤の他人が脱糞してたり、素っ裸だったりと
しみじみ、とんでもない所に居るのだなぁ・・・・・
スポンサーサイト
入院エピソード | comments (4) | trackback (0) |
つづき
まだまだ怒りは収まりません(*`θ´*)
先輩にメール送る時点で、心配させちゃうんだろうな・・・とか、色々考えてようやく送ったら
素敵な返信メールが帰って来て、本当に嬉しかったのに
水をさすような事をした上に、以前のやり取りなど無かったかのような親しげなメールが送られてきて
私はもう会うつもりはないから
はぐらかしつつ、もう価値観が違うから会えばお互い傷つくだけだって送ったら
友達だと思ってたのに心外だ、私は傷付いた、みたいな事を送ってよこしました
術後四日目と知っていて、その内容を送ってくるので腹立たしいやら
何で自分がこんな目に合わされてんのか訳解らず、涙が溢れたのでした
気分転換に、髪の毛をワッシワッシと洗い(ホントはシャワー浴びたいけど無理だから洗髪だけ)
姉から貰ったシトラスピーチティーパックでお茶を入れて、すすりながら山を見つつ、ブログを打ってます
B子に最後に強烈なメールを送ってから、着信拒否にするべきか、このまま着信拒否にするべきか思案中です

一つ良い事が!ブログがリアルタイムで見られるようになりました!
コメントも返せる~
嬉しい(T_T)(ToT)(T_T)
違うとこからログインしたら大丈夫でした!
皆様これからも、よろしくお願いしますm(_ _)m
入院エピソード | comments (2) | trackback (0) |
占い 心理テスト
ラウンジの置き雑誌にある占いや心理テストをやってみているのだが
結果「ポジィティブ度100%」だの「前向きで物事をプラスに考える、自由で脳天気なユニークキャラ」だの「優れた本能による直感的な行動が際立つ」だの闘病中癌患者にあるまじき結果ばかりが出るので、途中から面白くなってきました
こうなったら5階まである全ラウンジの雑誌を制覇します!
いざ、出発!!
ただいま!
無かったです(ToT)置き雑誌があったのはここの階だけでした(>_<)
しかし、このラウンジ巡りをしている間に事件が・・・
以前、アップした友人(禿の私の帽子を取った人)からのメールでまた大泣きしてしまいました。°・(>_<)・°。
こらえつつ廊下を歩いて居たら、介護士さんに絶妙なタイミングで
「どうしたの?」
と声を掛けられてしまい、その場でだーーっ(ToT)
金髪に近いお姉様なんですが、その場で話を聞いてくれて
やっぱり「そう言う人は、こっちから切った方がこれから先の為でもあるよ」って言ってくれました。
今回の発端も、お世話になっていた先輩に「入院しちゃいました、元気に退院したら、遊んで下さい」メールを送ったら、しばらくして先輩らしい元気いっぱいの楽しいメールが帰って来ました。もちろん元気になったら連絡ちょうだいね(ちなみに先輩は私が入院してる間に50歳になったそうです。)と締めくくられていました。
しかし、話はかわるが
このラウンジ、子供の泣き声が凄まじい┐('~`;)┌
見舞いの家族らしいけど、ちょっと非常と思えるうるささだ(-"-;)
手術当日に入ったHCUも小児科の部屋の真向かいで、一晩中子供の叫び声(泣き声通り越してました)で殆ど眠れなかったし<<o(>_<)o>>
今回は子供に祟られてます。。。(〃_ _)σ∥

では話を戻って
その先輩のメールのすぐ後に、その友人(B子と仮名)からメールが入ったので、また先輩から話が行ったんだろうな・・・(先輩は私がB子と会いたくないと思ってるなんて露知らずですから)と思って開いたら
先輩が返事メールを送るまで、すごく悩んでいた事などが書いてあって、心から
余計なお世話だ!
(大文字に出来ないのが、くやしい)
長くなってきたので一旦アップします

入院エピソード | comments (0) | trackback (0) |
目覚ましおばば、ここにも!
以前、病院で目覚まし時計をかけるオババが居ると言う話を聞いて何て非常識なのかしら(-_-#)
と思ってたら居ました!!隣りに(ToT)
HCUから一般病棟に移ったのですが、向かいは私より若そうな静かな方、斜め向かいは寝たきりに近いおばあちゃん、寝てる時に色んな音が聞こえます(^_^;)
げほっ!ぐぅ~ぅおぁとか・・・
問題は隣り
うちの病院はTVはイヤホン使用で見る事になってるのですが、何故か昼間はイヤホンせず音垂れ流しで見てます。微妙な人だなぁと思っていたら今朝6に目覚まし音!そんな朝から何するのかしら?
まぁ詮索されないので目覚ましくらいは我慢します┐('~`;)┌

手術から3日め、痛みは随分和らぎ、暇潰しにトイレにばかり通ってます(・ω・)
まだ絶食中のせいか、集中力が全く無くて、本を読んでも1ページ読むのがやっと、テレビも見てるの嫌になるし何の目的も無く歩く散歩と言う優雅な事ができないので、ひたすらトイレに通うと言う事態に陥ってます。
でも今日は随分調子が良いので
ラウンジにでも行ってマンウォッチングでもしてまいります、しかし前回、ラウンジにものすごく笑える漫画本が置いてあって、それを読んでしまい酷い目にあったので、今回は置き雑誌には注意しようと警戒中です
今朝からようやく流動食開始!楽しみにゃ
今回3回目の開腹手術なので、癒着が進んでたら腸を切らなければならない事になるかも!と消化器系手術の準備も万端でしたが、腸は切らずに済みました(^_^)v
ま、これもスパルタ旦那のおかげ
腸を切ってたら食事さらに延期ですから、ぞーーです(>_<)
入院エピソード | comments (4) | trackback (0) |
TopPage
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。