2005年28歳にして大腸癌を患うも、旦那と共にお気楽な日々を送る嫁の日常です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
急浮上
先週は気分が海底深く沈み
沈みに沈んで海底のヘドロとなっていましたが
ちょっとしたきっかけで急浮上
昨日は恒例の旦那のサーキットへお供して
珍しく大きなミスもせず、楽しく過ごしてきました
(雨でしたけどね・・・

ちょっとした”きっかけ”と言うのは
昨日テレビを見ていて結婚した藤原紀香さんの言った言葉
「明るく笑いの絶えない家庭をつくりたい」
です
ちょーーーーーーべたな言葉ですが
自分自身もそう思ってたよな~
私が沈んでなければ今もその通りの家庭だし
と、一念発起!
「落ち込むのは一人の時で充分じゃ!」
と旦那と居る時はいつも通りを心掛けたら
一人の時の気分も急浮上
いつも週末は体調は絶好調なのに
次の治療が近づくので気分は急下降状態を脱することが出来ました
あ~やっぱり私って単純
先週は旦那が何かしても私が突っ込まないし
反応が薄いので
「嫁~どうした~?生体反応が薄いぞ~」と言われて
寂しがってましたが、それも解消~
気分が正常だと色んな事が楽ちんです

にしても、自分でも呆れるくらい落ち込む事の少ない私・・・
病気に関しては何かあっても1時間もすれば復活します
何でかな~?と思うのですが
第一に落ち込むのにもパワーがいる!
  だから、1時間もすれば落ち込んでる状態に疲れてしまうんですよね・・・それで自然と復活
第二に後悔と言う言葉を知らない
  昔からではなくて以前は後悔して過去を振り返っては、あーすればよかった、こうすれば良かったのに何で出来なかったんだろう・・・と自分を痛めつけていましたが
 ある時に、ふと気付いたんです
もし、過去に戻れたとしても所詮は私
きっと同じ事をしでかすに違いない!と
そうしたら後悔しても取り戻せないなら、やっちまったことは仕方がない
その後に、どうするか、どう取り戻すかだ!となり
後悔と言う言葉が何処かへ行ってしましました

しかし、最近その傾向が行き過ぎて
もう少し過去を振り返って、せめて同じ失敗を繰り返さないようにしなければ・・・
と反省する嫁であります

スポンサーサイト
| comments (10) | trackback (0) |
燃え尽き症候群
実はここ最近ずっと燃え尽き症候群だった私・・・
数日前から、ようやく脱出傾向が見えてきました!
そもそも燃え尽き症候群って?!って感じですが
昨年の6月に手術をして、転移してる事がわかってその時点で調べたら1年後の生存率50%と言う数字・・・・
とにかく1年後の生存を目指してそこから治療をスタート!
「1/2の確率ならパスする自信ありありだよ~」と言ってはみたものの心の中では先3ヶ月くらいの計画を立てつつ行こう・・と思う
半年後に肝臓に転移が見つかり、医師から
「1個だけだしこれを手術で取ったら6割の確率で再発なし」と言われるものの、心の中では3ヶ月計画への思いが強くなり
日々、旦那には解らないように自分の物を整理したり
いざという時に私の友人達に連絡を取りやすいように、メモを残してみたり・・・
ここ1年は数ヶ月先ばかりを見てきた、長くて『悪化しても治療を続ければ2年は生きられるはず』と言う数年先の事
それが今年の6月に転移腫が消滅して抗癌剤も休止する事が出来た
もしかしたら、このまま健康な体になれるのかも?と言う期待を持ってもいいよね?と言う状態になった
私の未来は2年から数十年になったのかもしれないのです
でも、いざそうなってみたら、どうしたら良いのか解らない・・・
まるで合格を目指して受験勉強を頑張って、いざ合格したら何をしたら良いのか解らず放心している感じ

でも、先週末に旦那のレースの手伝いで岡山まで行き
最悪な天候(2時間の耐久レースの最中に大雨が降りだす)の中
最善を尽くそうと頑張る旦那を見て、何だか吹っ切れてきました
目標なんて無くても良い、今は旦那の事を精一杯応援しよう!
と思ったら何だかいつも見てる景色が輝いて見えるようになりました
それまでは、気持ちの上では解っていても心が付いていかなかったのが
ようやく、一体化した感じ
相変わらず、怠け者で家事も怠りがちですが少しづつ自分を取り戻して行きたいです
haato

辛子醤油を作ろうとして器に醤油を入れたら偶然なったので思わず記念撮影~

| comments (3) | trackback (0) |
TopPage
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。