2005年28歳にして大腸癌を患うも、旦那と共にお気楽な日々を送る嫁の日常です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
さよなら婦人科
昨日は婦人科の術後の診察日でした
恒例の診察台で、膣の傷口をかぱっと見られて
「あ、綺麗ですね。」
で、終了~
今回の診察で、婦人科のお世話になるのは最後でした
かかる科が減るのは嬉しいですね~

今日は受付してから帰るまで1時間半でした
先月から支払いは、高額医療費の委任状払いで次月に1回するだけで良くなったので
会計待ちの時間も短縮できるし、役所まで手続きに行かなくて良いし
後から計算違いだので、お金返したりだのの手間も無くなったし
一石三鳥くらいな勢いで便利です
なんせ今やってる抗癌剤が1回6万円と言う、金額なので
毎回財布の中身を心配しなくて良いのは、ありがたや~
しかし、この便利なシステムもっと早くやってくれれば良いのにぃ

さてさて、最近姉がテーマ性のある猫写真を撮るとに凝っているので
ちょいちょい載せていこうかと思います

今回は「かわうそくん」です
kawauso

似てる
スポンサーサイト
術後 | comments (8) | trackback (0) |
ふと気付いたら~
ふと気付いてみたら今回の手術後は痰が絡んでない!
実は私、術後1週間後くらいから3ヵ月後ぐらいまで痰が絡むという体質だったのです
この体質、ホント術後1週間後からで助かりましたぁ
術後直ぐだったらほんっとに辛いですもんね
ちなみに1回目の時も2回目の時もそうでした(それぞれ違う病院で)
全身麻酔で人工呼吸器を着ける時に、気管挿管するのが原因らしいのです
今回の手術では、救急救命士さんの実習と言う事で
(救急救命士が現場で気管挿管できるようになったのですが、ぶっつけ本番とはいかないので手術する人で、実際に実習する事になったそうな)
手術前に説明され「嫌なら、実習は拒否できます」と言われたのですが
麻酔された後は、腹を切られても平気なのだから気管挿管ぐらい
どうぞどうぞってなもんで
今回の気管挿管は体育会系の若い救急救命士さんにやってもらいました
事前に、慣れないから口腔内や喉を傷つけてしまう可能性があると言われていたのですが
そんな事も全く無く
しかも痰も絡まないなんて、幸運です
何が原因かわかりませんが、良かったです~

そして、明日からいよいよ抗癌剤再開です~
嫌だけれど、仕方が無い・・・
一回やれば、それだけ終わりに近づくって事だと思って行ってきます
ちなみに、明日からやるのは「FOLFOX6」と言って
オキサリプラチン
アイソボリン
5-FU
の3種類の抗癌剤を中心に、あとは副作用予防薬を組み合わせて行います
まず病院で上記3種類の抗癌剤を3時間近くかけて点滴
その後、硬膜外麻酔が入ってる牛乳瓶の親戚みたいなのに5-FUだけ入れて、自宅で46時間持続投与となります
主な自覚できる副作用は(私の場合)
・胃の不快感、食欲低下、胸焼け、味覚障害 ・下痢 
・手足の痺れ
・皮膚の色素沈着・指先の皮膚が薄くなるなど・・・
無自覚なのが
・骨髄抑制・肝機能低下など
この薬で特徴的なのが抹消神経障害の手足の痺れ
普通にしていれば、感じないのですが冷たい物に触るとビリッとするのです
冷えるとビリビリしっぱなし、投与後数日すれば治まるのですが
数日間は水で洗い物が出来ないし、冷凍の物を出す時は2重手袋
冷えたら痺れるのは全身なので、冷たい物も飲めない食べれない・・
昨年は一度ついうっかりアイスティーを飲んでしまったら、痺れるどころか喉がギュっと閉まる感じがして
ものすごく焦りました
多少、生活は不便になりますが吐き気が少なくて
比較的、副作用が穏やかな薬なので
(FOLFIRIに比べたら天国のよう・・・)
ブログ実況中継も出来るのではないかと思います
では、明日は1時から投与予定なので夕方からくたばっていない事を祈って~
術後 | comments (8) | trackback (0) |
下剤
人生初!下剤を処方されてしまいました(T_T)
産まれてこのかた、大腸癌(しかも、腸閉塞一歩手前)にはなっても、便秘らしい便秘にはなった事のない嫁ですが
術後一度も出ないため、遂に下剤の処方と相成りました(ToT)
下剤と言えば・・・
私が下剤を飲んだ事があるのは
大腸の検査のため
大腸の手術のため
と、お腹の中身を全て出しきる時のみ!
だから下剤と聞くとびびってしまうのです(T_T)
思わず男前先生に「下剤って全てを出す為しか飲んだ事無いんですが(ToT)」と訴えたら
「大丈夫、今回はちょこ、ちょこでいいんだから」と慰められ
今晩、ラキソベロン10滴服用となりました
このラキソも、昨年の手術の時に術前に一本飲んだ事があります(ToT)
おだやかな、お通じがある事を祈って
合掌~
術後 | comments (2) | trackback (0) |
すばらしき回復力(^o^)/
20061109133731
写真はラウンジから見える風景です。
今回の入院は急だっので保険屋さんに連絡するのを忘れていたので
「すみません、また入院しました。そして三日前に手術しました」と担当さんに電話したら
「あらあらまあまあそれは」と分けの解らない返事が帰って来ました。今回の手術も無事、保険金が降りるそうで我が家の中では
入院=稼ぎに行く
手術=実を売って稼ぐ
とされています
はい、私は文字通り身を売って稼いでます。それも、しつこい保険のおばさんのおかげ、高い保険代払ってた甲斐がありますた
これで来年の旦那のバイクが買えるなら私も本望
できるだけお金下さい!と拝んでおります

朝、ひっさびさの食事を飲んだ後ラウンジから病室に帰って来ると母が来てくれてました。昼ご飯を食べて行く予定だと言うので、話したり漫画読んだりして、自分の流動食が配られるのを待ち
ものの数分で流し込み、母と病院の食堂へ行きコーヒーを奢ってもらい病院の外まで母を見送って来ました
おとといまで、起き上がるのも苦労していた人物と同じと思うと、自分の回復力がそら恐ろしくなります
帰りに、これだけ絶食したならさぞかし体重が減っているだろう(^_^)♪
と期待して計ってみたら
・・・減ってない(ToT)
500gしか減ってない(ToT)
切り取った部分だってもう少し重いだろうに、私ってば何を吸収してるのかしら
かる~くショックを受けたので、ブログにアップしてみたのでした
しか~し、私の携帯何故リアルタイムでブログが見れないのかしら
恨むぞau\(`O´θ/キック!
術後 | comments (9) | trackback (0) |
痛いよー
いや~今回はいつになく痛くて、背中の麻酔の追加して貰いました(ToT)
昨晩も旦那に危うくラウンジまで連れて行かれそうになったのですが
さすがに拒否!
トイレ以外は布団でおとなしくしてます
手術内容などの詳しい説明はまだ聞いてないので、これからどうなるかはまたまだお楽しみです(^_^;)
術後 | comments (6) | trackback (0) |
TopPage Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。