2005年28歳にして大腸癌を患うも、旦那と共にお気楽な日々を送る嫁の日常です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
結果発表!!
何もありませんでした!!
ひゃっほーーう!
約2ヶ月前に肝臓にあった白い〇も消えていて
嬉しい反面、あれは一体なんだったんだろう(w_-;
先生いわく「腫瘍が薬によって急激に消滅又は小さくなった跡が写ってたんじゃないかなぁ」だそうです
ふーーーーーーーーーん(゚_。)?ま、いっか

現在の主治医は今年の6月からの先生で
多分、歳は30代前半で、長身でなかなかの男前です( ̄∇+ ̄)
歳が近いせいか話しやすくて
今日の診察予定時刻は2:15だったんですが緊急オペが入り、診察が終わったのは結局4:30でした
診察室に入ると先生
「こんにちは、いや~お待たせしちゃってホント済みませんでしたね。調子はどうですか?」
「元気ですよ」
「顔色ホントいいですね、やっぱり頑張ってきたかいありましたね!」
「そうですね、肌の調子いいんですよ」(化粧してきたのは今日が初めてですから、余計に顔色よく見えるんでしょうね)
「お腹の調子どうです?」
「いいです、でもこの前トイレで踏ん張ったら、おへその横でブチって音がしたんですけど・・」
「ええ?!あっはっはっは( ^∇^)」って先生爆笑
「溶ける糸が溶けかけて、弱くなってたんだねぇ。びっくりしたでしょう」
って、本日の診察は和やかに終了しました
でも、他でちょっと問題があってあさって婦人科の診察を受ける事になりました
婦人科って初めてだからドキドキです・・
スポンサーサイト
未分類 | comments (4) | trackback (0) |
TopPage
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。