2005年28歳にして大腸癌を患うも、旦那と共にお気楽な日々を送る嫁の日常です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
初!婦人科診察!!
まず、婦人科の結果から・・・
大丈夫ですたっ!!
再び、ひゃほーーーーう ヾ(^∇^*)乂(=^∇^)ツ
大きな問題は無いとの事
ほっ(*´ο`*)
そもそも、婦人科に受診になったいきさつは
一昨日、外科の先生に「先生~最近生理が変なんです」って言ったら
「そうかぁ~、MRIで見て卵巣が腫れてたんだけど心配するほどじゃないから、今回は言わなくていいと思ってたんだけど、症状が出てるなら婦人科いきましょうか?早い方がいいですよね?」って事でした
しかし、大腸癌で下半身の検査には慣れっ子になっていたつもりでしたが
世の中には更に上があったのですね・・・
この先長くなりますので、時間の無い人は飛ばしてくだされ

では、婦人科デビューの様子( ̄人 ̄)
私の通う病院には二人婦人科の医師がいます
女の先生と、男の先生
気分的には女の先生にお願いしたい!女性だからって事だけじゃなくて、入院中に同じ部屋のひとが婦人科の女医さんの回診で来ていたので
なかなか良さそうな先生だと言う事を知っていたのです
もう一人の先生は見たことも無し・・
今日診察室に呼ばれるまでどちらの先生が担当になるのか私は知らされてなかったので
診察室に入るまでドキドキでした
婦人科に行くとまず看護士さんの問診
呼ばれていくと
「あっ!」って
看護士さんと顔を見合わせて二人でにっこり(‐^▽^‐)
去年入院したときにお世話になった看護士さんでした、春の移動で婦人科外来になった様子
「元気そうですね~」
「はい!おかげさまで」この”おかげさま”は社交辞令じゃなくてホントにおかげさまでした
ちょっと雑談も交えて問診
こういうのって嬉しいですよね、お世話になった人に元気な姿を見せられるのって
ホントに良かった~って思えます
その後、二つある診察室の前で待っていると
「どうぞ~」って言った声が女性だったので
期待大!!って思って入ったら・・・
おじ様でした(ρ_;)でも、妙におばさんぽい雰囲気も・・・
ちなみに、さっきの声は看護士さんでしたo(T^T)o
ま、でも優しそうな先生だからよしとしよう!
一通り受診までのいきさつを話した後
先生がおもむろに
「じゃ、内診させてくださいね」って
まじっっすか∑q|゚Д゚|p
内診って、内診って、あれですよね?!・・・
MRI画像もあるし今日は内診無いよね~(〃^∇^)ノ♪なんて・・
甘かったです(TmT)
内心、超動揺しつつも表面は平気な顔で「あ、はい・・」
「その扉から入ってください」って看護士さんに言われ入ってみると
あった~~っ!!診察台!!話には聞けども見るのは初めて!!
台の直ぐ隣はカーテンで仕切られていて、その向こうから看護士さんの声で
「下を脱いで座ってお待ち下さ~い」
「パンツも脱ぐんですよね?」一応確認
「はい、お願いします、前のボードに説明書いてあるので、そのようにお願いします」
「はい(>ヘ<)」
ボードを見ると、下半身は全て脱いで、椅子に座り、バスタオルをかけて、フットレストに足を乗せる・・・
「用意できましたか?動きますね~」って、??と思っていると
そのまま椅子がぐる~って回って、下半身のみカーテンの向こうへ・・
へえぇーーって、恥ずかしいより前に感心しちゃいました
なるほどそういう仕組みなのかって・・
思ってたら、今度は椅子が後ろに倒れてお尻の下の台も、かぱっと無くなり
あんまし想像したくない状態(*ε*)
「触診しますから力抜いててくださいね~」って先生の言葉で恥ずかしい気持ちが一瞬にして心配に変わる・・・
その後、内側からエコー、エコーの画面は椅子の隣にあったので何だか映し出される画像を凝視!
そのうち画面中央の黒い団子形のものに先生が印を付けている
Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニッ!?
「この黒いの見えますか~?」
「はい」心の中は、腫瘍か?癌か?って事が頭をぐるぐる・・
「この部分に水が溜まって腫れてるんですね~ホルモンバランスが崩れてるせいでしょうね」って
ほうぅ~~(*´ο`*)=3
抗癌剤や、ストレスなんかが原因のようです
先生の念入りな触診(子宮の外側?を調べる為に直腸診されたんですけど、外科の先生が直腸癌検査するより遠慮が無い感じで、ひょえ~って感じでした・・外科の先生が若い女の人に直腸診するのはあんまし無いからって考慮してくれてたのかしら?)での結果
「なんも触らなかったよ(癌らしきもの)」との事で一安心・・
「だけど経過観察はさせてくださいね」って( ̄□||||!!
ま、いいです・・それで安心できるのなら・・

長くなりましたが、そんなこんなで無事診察終了しました
先生も良さそうな人だったんですが気になることが一つ・・
何故、笑顔が無い??
外科の今までの先生が二人ともにこやかだったので妙に気になりました
ま、外科の先生は転移も笑顔で告知しますからねぇ(o ̄∇ ̄)o
これで、今月分の安心は手に入れたので来月の検査まで忘れる事にします
長~いお付き合いありがとうございましたm(o・ω・o)m


スポンサーサイト
未分類 | comments (7) | trackback (0) |
禿げ談話
今年の2月から5月まで使っていた抗癌剤の影響で一時期は
かなり禿げてしまった私の頭・・
旦那には、ヒヨコ頭と呼ばれ
姉には、河童のようだ(特に頭頂部が薄かったので)と言われていましたが
休薬して2ヶ月、徐々に髪の毛も生えてきました
でも、弱弱しくてしかも”うねって”いるので
今度は、”やまんば”と言われる今日この頃・・・
いつになったら人間になれるのかしら(ノд-。)クスン

一般的に女性が毛が抜けると、かなりショックを受けるようですが
私は意外と平気で
髪を洗っている時に毎回毎回ごっそり抜けるのが面倒で
いっその事、ずらを脱ぐように一度ですっぽり抜ければ良いのに・・
なんて言って旦那に呆れられてました((ミ ̄エ ̄ミ))

今日は用事があって実家へ行ったら
親戚の叔父さんが来ていました
「その帽子から出てる髪の毛は地毛?」と聞かれ
「そう、薬休んだらずいぶん生えてきたんだよ」
「羨ましいなあ~」
って、そう言えば叔父さんも立派な”禿げ”でした・・
その後二人で、毛の抜けていく過程の話で盛り上がり
妙な友情を深めてきました(´ ▽`).。o
未分類 | comments (2) | trackback (0) |
TopPage
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。