2005年28歳にして大腸癌を患うも、旦那と共にお気楽な日々を送る嫁の日常です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
夫婦円満、東北弁
土曜日はサーキット、日曜日は実家の稲刈りと週末も忙しく出かけておりました
そんな訳で帰ってきたら早速近所の方から電話があって
「今日は家に居ますか?」って・・・
今年は地域の役員なんて引き受けてしまって、今日締め切りの集め物があったりするので、多分週末何度も足を運んでくれたのでしょう・・・
ゴメンなさい、次からは前もってお知らせします、と深~く反省しました

お出かけが続くと、やっぱり疲れます
二人で疲れていると次第に空気が微妙になり、ちょっとした事で
喧嘩に発展しそうになったり、発展してしまったり・・・
そんな時に夫婦円満でいるには
我が家には東北弁です!!もちろん、ちゃんとした東北弁は知らないので、なんちゃって東北弁
(ちなみに我が家は二人ともに信州人)
疲れてイライラしてきた時に、東北弁っぽく話してみてください
すると、あら不思議普段なら喧嘩になりそうな事でもすんなり話せるのです
最近、免停中の旦那の為におかかえ運転手のような私・・・
もともと運転好きじゃないのに、旦那の為に長距離の運転もやむなく行ってます
来月、免停解除になったら旦那の助手席でイビキかいて寝てやる!!と直接言うと、雰囲気が悪くなるので
「今の、おらぁの夢は来月にさなったら、おめぇの助手席でイビキさかいて寝ることだぁ」(全て語尾上がりで)となり
「そったら事、思ってただか、来月まで辛抱してけろ」と旦那・・

昨日も二人きりで稲刈りしていて、夕方かなり疲れてくると
どちらからともなく訛りが・・・(以後全て語尾上がりで)
旦那「なして同じ所に居ると足さ、はまるんだ?」(数日前の雨で田んぼがぐちょぐちょで、時々長靴が抜けなくなるのです。特に旦那は、まだあまり田んぼに慣れていないので、よりはまり易い。疲れてくると、はまったら抜けにくくなるんです)
「同じ所に居るからだ」
「抜けねんだわ」
「おめが、田んぼに好かれてるんだ」
「好かれると抜けねのか?」
「んだ、一所に留まってれば、こいつはわんの事が好きなんだと思うもんだ、したら離したくなくなるだ」
「ここは、そったら恐ろしげな所だったのか?」
「んだ、知らなんだか?」
「知らなんだ~」
「解ったら一箇所に留まらないこったな」
なんて会話がえんえん続きます・・・
参考にはならないかもしれませんが、ひとつのアイデアとして書いてみました
しかし、こうやって活字にしてみるとバカですなぁ・・・
スポンサーサイト
日常 | comments (5) | trackback (0) |
TopPage
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。