2005年28歳にして大腸癌を患うも、旦那と共にお気楽な日々を送る嫁の日常です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
今だグレーゾーン
病院行って来ました~
午後2時15分の予約
行くまで自分は平常心のつもりが病院に行く車の中で
ふと、お腹に違和感が・・・
昼飯食い忘れてた!!
でも、あまり余裕を持って出かけなかったので、そのまま終わるまで我慢しました
いや~動揺してるつもりは無かったんですが、意外とビビリまくってたんですね
PET結果出ました!!
結果、卵巣以外問題無し
他の臓器は大丈夫だったのですが、やっぱり卵巣は染まってました(染まってるって表現合ってるのかしら?)
でも、大腸からの転移にしては染まり方が薄いようで
検査した病院の診断書には
「大腸癌からの転移としては、一般的ではないが病歴を考慮すると大腸癌からの転移と考えるのが妥当」みたいな事が書かれていました
主治医の外科の男前先生も
「確かに薄いんだよね・・・卵巣原発の可能性も否定できないね」との事、更にまだまだ良性の可能性もあり
今後は婦人科の領域となるそうなので
男前先生が明日、婦人科の診察予約を無理やりとってくれました
「手術が前提だから、早く今後の事が決まった方がいいよね」との心遣い
私が「手術は婦人科なんですよね・・・」と少々渋っていたら
「入院中は顔見に行きますね」と
「是非来て下さい!」とお願いしておきました
婦人科の先生が無愛想なのを気にして
「婦人科の先生、無愛想だけどいい先生だからね」とフォロー付き、男前先生、若いけど良くできた人だ
とにかく、私が考えていた最悪の
卵巣のほかにも転移していて、抗癌剤治療開始!の結果はとりあえず避けられました
今だ白黒はっきりせず、ちょっとすっきりしませんが
とりあえず今夜は祝杯のビールです
更なる今後の予定は、また明日~
スポンサーサイト
病気 | comments (8) | trackback (0) |
TopPage
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。