2005年28歳にして大腸癌を患うも、旦那と共にお気楽な日々を送る嫁の日常です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
便利な更年期
たるたる


卵巣と子宮の摘出手術から3週間が経ちました
手術前から心配していた事の一つに、更年期症状があります
手術前に婦人科の先生にも聞いてみたのですが
個人差があり、術後どれくらいから出るとか、どんな程度なのかなどは解らないと言われ
また、術後のホルモン補充などはしてくれるのか訪ねたら
「ホルモンを補充する事が癌へ悪影響を及ぼす事もある、大腸癌にどんな影響があるかまだ解っていないので、良い事か悪い事か解らない。解らないので、悪い影響を出さない為にホルモン補充はしない方向で行きたいと思っている。漢方とかもあるけれど、できればそれもしない方向で・・・あんまり症状がひどく出たら考えましょう」
ってな訳で、今もどんな症状が出てくるのかと
ちと、びびっている嫁です

術前から旦那には「更年期症状とは、これこれこういうもので本人にしか解らないから周囲の理解、特に一緒に住んでる人の理解が重要なんだよ」と言い聞かせてきました
そしたら最近、私が物忘れをすると
「もう更年期?なら仕方ないか・・・」と、諦めてくれるようになりました
それまでは、ちくちくと注意されて
「すみません・・・」と小さくなっていた嫁ですが、こうなってくると
更年期、便利かも♪
な~んて思ってしまったりしてます
旦那は「なんか怒るに怒れないし、理不尽だ・・・」ともやもやしています
正直、今の所それらしき症状は現れていないのでこのまま現れないと良いな・・・なんて思ってますが
旦那は「嫁は、大丈夫だよ。絶対そんな人間らしい症状は出ない。出たら逆に見直すよ!」と訳のわからない事を言い出す始末・・
私の事を地球外生物と思い始めているようです・・・・

上のケイスケ君は、最近の私のお気に入りショットで携帯の待ち受けにしています
これを見つつ「あ~もふもふしたい・・」と悶々してます
スポンサーサイト
日常 | comments (13) | trackback (0) |
久々の気持ち悪さ
木曜日の14時、抗癌剤終了予定が遅れに遅れて
結局20時30分に終了~
今回は何故か1日目よりも2日目、2日目よりも3日目の方が気持ち悪くて
空腹時にこみ上げてくる事があったのですが
旦那がいる時は旦那に
「右向いても左向いても、どこ向いても気持ち悪いんだよ~う」と頭をぐりぐりしながら訴えていました
しかし、「どんな風に気持ち悪いの?」と良く聞かれるのですが
二日酔いとも違うし、食べすぎとも違うし、つわりはなった事無いから解らないし・・・
「とにかく独特の気持ち悪さなんだよ~」と説明しています
今日もまだ、多少の気持ち悪さはあるものの
ほぼ回復しました

4ヶ月ぶりの抗癌剤で結構忘れていた事が多い自分にもびっくり
こんなに強烈な体験なのに、かなりの部分を忘れていて
副作用が現れる度に「あ~そうだった、こうだった」と思い出してました
再認識した事の一つが
口臭がきつくなる
体臭が独特になる
です
口臭は、自分でも解るくらい生臭い
歯磨き粉をたっぷり使ってガシガシ歯磨きしたいけども
しばらく人工的な匂いが駄目になるので、歯磨き粉も使えず・・・
体臭も独特な薬臭いような体臭になるので、布団が臭い
そう言えば治療中は、しょっちゅう布団干したり毛布丸洗いしてたなあ・・・

以前の治療の時と決定的に違うのが
旦那が家に居る事です
以前は昼の仕事から帰ってくると、そのまま夕方からバイトへ行き深夜帰宅でそのまま爆睡
の毎日だったので、抗癌剤治療中の私よりも体が疲れ切っていた感じで
気軽に、具合悪い・・と愚痴もこぼせない状態でしたが
今はバイトは辞めたので、夕方からは家に居てくれるので
非常に嬉しいです
明日は旦那のお供で、またまたサーキットへ
寒くなるようなので、暖房器具も完備で行ってまいりま~す
化学療法 | comments (8) | trackback (0) |
楽勝!
ふふふ~ん♪
第1回目(残り9回)FOLFOX6行って来ました~
12時に採血して、13時にOKが出たので抗癌剤開始
16時に点滴終了して、外来で待つこと1時間
ようやく男前先生に会えて診察
「調子どうです?」
「胃のムカムカ感はありますけど、問題ないです」
「FOLFIRIに比べれば全然楽?」
「そりゃ~もう雲泥の差ですよ!」
「あっはっはっは、そんなに違うか~」
と何故か主治医を爆笑させて来ました
ホントに多少のムカつきはあるものの、今の所全然平気♪
今が平気と言う事は、今回は大丈夫な感じです
あ~最後までこうだといいのにな
今も
ポンプ

こいつをぶら下げて活動しています
終わるのは明後日の14時くらいの予定、前回まで針を抜きに病院に行っていたのですが
今回から自分で抜いて良いそうなので
今回は自分で抜いて終了の予定です~
いや~しかし、今年の2月からやっていたFOLFIRI(FOLFOX6のオキサリプラチンをトポテシンに変えただけで投与方法は同じ)は点滴してる最中から吐き気がして
終わったと同時にトイレにダッシュ
当日中は30分おきくらいに吐きまくると言う壮絶な副作用だったので
ホントにホントに今回は楽で嬉しいです~
針を抜きに行った時に、主治医に
「今回はどうでした?」と聞かれ、やけになって
「今回も景気良く吐いてきました~」と報告していた嫁です
化学療法 | comments (9) | trackback (0) |
ふと気付いたら~
ふと気付いてみたら今回の手術後は痰が絡んでない!
実は私、術後1週間後くらいから3ヵ月後ぐらいまで痰が絡むという体質だったのです
この体質、ホント術後1週間後からで助かりましたぁ
術後直ぐだったらほんっとに辛いですもんね
ちなみに1回目の時も2回目の時もそうでした(それぞれ違う病院で)
全身麻酔で人工呼吸器を着ける時に、気管挿管するのが原因らしいのです
今回の手術では、救急救命士さんの実習と言う事で
(救急救命士が現場で気管挿管できるようになったのですが、ぶっつけ本番とはいかないので手術する人で、実際に実習する事になったそうな)
手術前に説明され「嫌なら、実習は拒否できます」と言われたのですが
麻酔された後は、腹を切られても平気なのだから気管挿管ぐらい
どうぞどうぞってなもんで
今回の気管挿管は体育会系の若い救急救命士さんにやってもらいました
事前に、慣れないから口腔内や喉を傷つけてしまう可能性があると言われていたのですが
そんな事も全く無く
しかも痰も絡まないなんて、幸運です
何が原因かわかりませんが、良かったです~

そして、明日からいよいよ抗癌剤再開です~
嫌だけれど、仕方が無い・・・
一回やれば、それだけ終わりに近づくって事だと思って行ってきます
ちなみに、明日からやるのは「FOLFOX6」と言って
オキサリプラチン
アイソボリン
5-FU
の3種類の抗癌剤を中心に、あとは副作用予防薬を組み合わせて行います
まず病院で上記3種類の抗癌剤を3時間近くかけて点滴
その後、硬膜外麻酔が入ってる牛乳瓶の親戚みたいなのに5-FUだけ入れて、自宅で46時間持続投与となります
主な自覚できる副作用は(私の場合)
・胃の不快感、食欲低下、胸焼け、味覚障害 ・下痢 
・手足の痺れ
・皮膚の色素沈着・指先の皮膚が薄くなるなど・・・
無自覚なのが
・骨髄抑制・肝機能低下など
この薬で特徴的なのが抹消神経障害の手足の痺れ
普通にしていれば、感じないのですが冷たい物に触るとビリッとするのです
冷えるとビリビリしっぱなし、投与後数日すれば治まるのですが
数日間は水で洗い物が出来ないし、冷凍の物を出す時は2重手袋
冷えたら痺れるのは全身なので、冷たい物も飲めない食べれない・・
昨年は一度ついうっかりアイスティーを飲んでしまったら、痺れるどころか喉がギュっと閉まる感じがして
ものすごく焦りました
多少、生活は不便になりますが吐き気が少なくて
比較的、副作用が穏やかな薬なので
(FOLFIRIに比べたら天国のよう・・・)
ブログ実況中継も出来るのではないかと思います
では、明日は1時から投与予定なので夕方からくたばっていない事を祈って~
術後 | comments (8) | trackback (0) |
冬支度
今日は寒くなってきたので、雪に備えて車のタイヤをスタットレスに替えました
昨年の秋は一人で交換したんですが、本日は旦那がいたので
普段、バイク整備に使っている道具をフル活用して交換してくれました
でも、アパートの2階に住む私達の季節外のタイヤはベランダに置いてあるので
交換のために下ろしたり、外したタイヤを運び上げたりは私もやってしまいました
いや~軽自動車用と言えどもホイル付きのタイヤは重かったです
最初は持ったら腹の傷が痛いかな?と思ったんですが
持ってみたら平気だったので、そのまま運んでました
まだ走るとお腹がピキピキするので、走れませんがその他は解禁のようです

ついでに、久々に実家のにゃんこをアップ
入院中に姉が、一日一枚送ってくれました
男前

題名は「男前ケイスケ」でした
二人で「これこそ、ケイスケのいつもの姿だよね~」としっかり飼い主バカに・・・
しかし、ケイスケの後ろ足を見ると・・・
タルタルの腹が乗ってるがな!
まるで皇帝ペンギンのようですな・・・
ここで何を暖めるんだろう
日常 | comments (9) | trackback (0) |
デート
昨日の夜、旦那様と外に飲み屋デートに行って来ました
来週からの治療に備えて、飲める時に飲んでおこう作戦の実行です
果たして、こんなに張り切って飲んでも良いのだろうか?
と言う疑問が心に浮かびましたが
とりあえず無視( ̄∇ ̄)
居酒屋

久々にフルメイクして、脱毛時愛用のかつらも被って戦闘態勢は万全!
(ちなみに私のズラはロングで軽くウエーブがかかってます)
飲み屋までは自転車で行ったのですが、退院時看護士さんに
「自転車乗らないで下さいね、乗るにしても長距離は駄目ですよ」
婦人科の先生には「2週間は安静期間と思ってくださいね」・・・と言われてたのですが
ま、飲み屋まで10分程度だし
飲むっても、全開で吐くまで飲むわけじゃないし、と勝手な解釈で
生ビールから始まり、焼酎のロックで〆
帰りに旦那が
「カラオケ行く?」って
「二人合コンか?!」と突っ込みを入れる嫁・・・
しかし、カラオケはあまり好きじゃないのでそのまま帰宅
私がメイクを落としている間に、旦那はソファーで爆睡してしまい
どんなに起こしても起きないので、嫁は一人寂しく寝ました

今週末は、旦那がサーキットへ行かないので
二人でのんびり過ごす予定
伸びすぎた旦那の髪の毛でも切らねば
今回のテーマはソフトモヒカンです
日常 | comments (4) | trackback (0) |
来ちゃいました~ヽ('O`)ノ~
20061115090519
昨日無事退院しました!
旦那に迎えに来て貰って、帰りに寿司で生ビーーーーーーーール!
ようやく旦那の免停も解除されたので、飲まして貰いました(^_^)v
来週から治療で禁酒期間入りするので、今週が勝負なのです!
楽しめる程度に、いっぱい飲むぞ~

そして、このブログを何処からアップしているかと言えば・・・
雲一つ無いお空に、気球なんかが浮かんでたりして・・・
非常に気持ちの良い、栃木県茂木サーキットからお送りしてます
はい・・・来ちゃいました( ̄ー ̄)
退院早々、一人は寂しい(T_T)
と、だだをこね着いて来ちゃいました
あはっ
でも、さすがに今回は何もせず見てるだけです
しかし、病室が暖かかったせいか、外は寒い(ノ_<。)
車の中へ避難避難
未分類 | comments (5) | trackback (0) |
嫁も一応真剣に考えてみる
今回の手術で子宮も卵巣も無くなり、いよいよ子が産めなくなった
手術前の自分と今の自分、何か変わったか考えてみるけど、大して変わらない気がする
未来への選択肢は狭まったけども、養子に抵抗が無いので子を持つ可能性も十分にある
養子に抵抗がないのは、私と父親との関係が激悪で、その父親の血が自分にも流れている事に嫌悪感を持っていた時期があったせいかもしれない
私が産めば、また血は繋がるわけだし、他人の子の方が可愛く感じそうなのだ
でも、やっぱり旦那の子が見れないのは切ない
これを考えると、さすがの私でも涙が出ます
うちの旦那は非常に面白い生き方をしているので、その遺伝子の入った子がどんな生き方をするのか、始めから見られるなんて!と非常に楽しみだったので、それだけは残念です
今回、姉が「卵子保存出来ないの?そしたら私が産んであげるのに」と言ってくれたのが本当に嬉しかったです、今回の手術はばたばたと決まってしまい、とてもそこまでの余裕はありませんでしたが、できたとしてもやらなかった気がします・・・

先日、男前先生からこれからについての話がありました、併せて手術の時の話も
大体は旦那から聞いていたので、予想どおりでした。でも実は、旦那から聞く前に、治療はまた再開するんだろうな、と思っていたんです
何故かって術後、旦那が病室で私の姉に
「まる4ヶ月、薬休めたんですから」って話してるのを聞いたんです、って事は再開するって事なんだろうな・・・と
寝てると思って話してたそうだか、しっかり聞いてました( ̄ー+ ̄)
退院は月曜か火曜
姉と二人で、早っ!と突っ込みそうになりました
抜糸したらいつでも帰って良いと言う事らしいです
手術の時、開腹したら腹膜播種してたそうで男前先生も焦ったそうですが、幸い卵巣周辺に数個のみだったそうで非常に不思議だそうな
一般的に腹膜播種すると腹空内全体に散ってしまうらしいのです
癌細胞も私の一部、きっと遠くに行くのが面倒だったのだろう
増え過ぎたやつらも、ついうっかりだったのだろう・・・・と
来週から早速治療開始となりました、とりあえず副作用の少ない方から始める事にしました
隔週でとりあえず10回の予定、順調に行けば4月くらいには終わる筈
姉が「そしたら5月に、私の彼とあんたの旦那と4人で沖縄行こう!私が旅費出したげる」と、太っ腹な事を言ってくれたので、それを楽しみに乗り切ります(^_^)v
不妊 | comments (6) | trackback (0) |
怪奇 はやいはやいオババ
土日ともなると必然的に面会の人も多くなります
人が多くなると言う事は、それだけ変な人も多くなります

昨日、最も面会の多い昼過ぎ、トイレに行こうとして廊下に出ると
ラウンジの方から子供の泣き声が、ずんずん近付いて来るので、思わず見ると
オババが、泣きわめく子供を乗せたベビーカーを、すごい早足で押しながら
「ほ~ら、はやいはや~い」
と言いながら通り過ぎて行きました
子供は泣き止む気配は無く、泣き声は病棟に響き渡り
再び近付いて来たんです!
オババはあろう事か、回廊型の病棟廊下をグルグルと回り始めたのです
「ほ~ら、はやいはや~い」と言いながら・・・
これはもう怪奇現象といって差し支えないでしょう
ベビーカーを前後に動かして子供をあやすのは見た事ありますが、高速でベビーカーを押して、あやすだなんて初めて見ました。
もし、それがあの子が泣き止む、いつもの方法なら良いけれども、どう見ても泣きやむ気配は無く3周目にどこかへフェイドアウトして行きました・・・
病院は非日常空間で、カーテン1枚隔てて赤の他人が脱糞してたり、素っ裸だったりと
しみじみ、とんでもない所に居るのだなぁ・・・・・
入院エピソード | comments (4) | trackback (0) |
下剤
人生初!下剤を処方されてしまいました(T_T)
産まれてこのかた、大腸癌(しかも、腸閉塞一歩手前)にはなっても、便秘らしい便秘にはなった事のない嫁ですが
術後一度も出ないため、遂に下剤の処方と相成りました(ToT)
下剤と言えば・・・
私が下剤を飲んだ事があるのは
大腸の検査のため
大腸の手術のため
と、お腹の中身を全て出しきる時のみ!
だから下剤と聞くとびびってしまうのです(T_T)
思わず男前先生に「下剤って全てを出す為しか飲んだ事無いんですが(ToT)」と訴えたら
「大丈夫、今回はちょこ、ちょこでいいんだから」と慰められ
今晩、ラキソベロン10滴服用となりました
このラキソも、昨年の手術の時に術前に一本飲んだ事があります(ToT)
おだやかな、お通じがある事を祈って
合掌~
術後 | comments (2) | trackback (0) |
つづき
まだまだ怒りは収まりません(*`θ´*)
先輩にメール送る時点で、心配させちゃうんだろうな・・・とか、色々考えてようやく送ったら
素敵な返信メールが帰って来て、本当に嬉しかったのに
水をさすような事をした上に、以前のやり取りなど無かったかのような親しげなメールが送られてきて
私はもう会うつもりはないから
はぐらかしつつ、もう価値観が違うから会えばお互い傷つくだけだって送ったら
友達だと思ってたのに心外だ、私は傷付いた、みたいな事を送ってよこしました
術後四日目と知っていて、その内容を送ってくるので腹立たしいやら
何で自分がこんな目に合わされてんのか訳解らず、涙が溢れたのでした
気分転換に、髪の毛をワッシワッシと洗い(ホントはシャワー浴びたいけど無理だから洗髪だけ)
姉から貰ったシトラスピーチティーパックでお茶を入れて、すすりながら山を見つつ、ブログを打ってます
B子に最後に強烈なメールを送ってから、着信拒否にするべきか、このまま着信拒否にするべきか思案中です

一つ良い事が!ブログがリアルタイムで見られるようになりました!
コメントも返せる~
嬉しい(T_T)(ToT)(T_T)
違うとこからログインしたら大丈夫でした!
皆様これからも、よろしくお願いしますm(_ _)m
入院エピソード | comments (2) | trackback (0) |
占い 心理テスト
ラウンジの置き雑誌にある占いや心理テストをやってみているのだが
結果「ポジィティブ度100%」だの「前向きで物事をプラスに考える、自由で脳天気なユニークキャラ」だの「優れた本能による直感的な行動が際立つ」だの闘病中癌患者にあるまじき結果ばかりが出るので、途中から面白くなってきました
こうなったら5階まである全ラウンジの雑誌を制覇します!
いざ、出発!!
ただいま!
無かったです(ToT)置き雑誌があったのはここの階だけでした(>_<)
しかし、このラウンジ巡りをしている間に事件が・・・
以前、アップした友人(禿の私の帽子を取った人)からのメールでまた大泣きしてしまいました。°・(>_<)・°。
こらえつつ廊下を歩いて居たら、介護士さんに絶妙なタイミングで
「どうしたの?」
と声を掛けられてしまい、その場でだーーっ(ToT)
金髪に近いお姉様なんですが、その場で話を聞いてくれて
やっぱり「そう言う人は、こっちから切った方がこれから先の為でもあるよ」って言ってくれました。
今回の発端も、お世話になっていた先輩に「入院しちゃいました、元気に退院したら、遊んで下さい」メールを送ったら、しばらくして先輩らしい元気いっぱいの楽しいメールが帰って来ました。もちろん元気になったら連絡ちょうだいね(ちなみに先輩は私が入院してる間に50歳になったそうです。)と締めくくられていました。
しかし、話はかわるが
このラウンジ、子供の泣き声が凄まじい┐('~`;)┌
見舞いの家族らしいけど、ちょっと非常と思えるうるささだ(-"-;)
手術当日に入ったHCUも小児科の部屋の真向かいで、一晩中子供の叫び声(泣き声通り越してました)で殆ど眠れなかったし<<o(>_<)o>>
今回は子供に祟られてます。。。(〃_ _)σ∥

では話を戻って
その先輩のメールのすぐ後に、その友人(B子と仮名)からメールが入ったので、また先輩から話が行ったんだろうな・・・(先輩は私がB子と会いたくないと思ってるなんて露知らずですから)と思って開いたら
先輩が返事メールを送るまで、すごく悩んでいた事などが書いてあって、心から
余計なお世話だ!
(大文字に出来ないのが、くやしい)
長くなってきたので一旦アップします

入院エピソード | comments (0) | trackback (0) |
すばらしき回復力(^o^)/
20061109133731
写真はラウンジから見える風景です。
今回の入院は急だっので保険屋さんに連絡するのを忘れていたので
「すみません、また入院しました。そして三日前に手術しました」と担当さんに電話したら
「あらあらまあまあそれは」と分けの解らない返事が帰って来ました。今回の手術も無事、保険金が降りるそうで我が家の中では
入院=稼ぎに行く
手術=実を売って稼ぐ
とされています
はい、私は文字通り身を売って稼いでます。それも、しつこい保険のおばさんのおかげ、高い保険代払ってた甲斐がありますた
これで来年の旦那のバイクが買えるなら私も本望
できるだけお金下さい!と拝んでおります

朝、ひっさびさの食事を飲んだ後ラウンジから病室に帰って来ると母が来てくれてました。昼ご飯を食べて行く予定だと言うので、話したり漫画読んだりして、自分の流動食が配られるのを待ち
ものの数分で流し込み、母と病院の食堂へ行きコーヒーを奢ってもらい病院の外まで母を見送って来ました
おとといまで、起き上がるのも苦労していた人物と同じと思うと、自分の回復力がそら恐ろしくなります
帰りに、これだけ絶食したならさぞかし体重が減っているだろう(^_^)♪
と期待して計ってみたら
・・・減ってない(ToT)
500gしか減ってない(ToT)
切り取った部分だってもう少し重いだろうに、私ってば何を吸収してるのかしら
かる~くショックを受けたので、ブログにアップしてみたのでした
しか~し、私の携帯何故リアルタイムでブログが見れないのかしら
恨むぞau\(`O´θ/キック!
術後 | comments (9) | trackback (0) |
目覚ましおばば、ここにも!
以前、病院で目覚まし時計をかけるオババが居ると言う話を聞いて何て非常識なのかしら(-_-#)
と思ってたら居ました!!隣りに(ToT)
HCUから一般病棟に移ったのですが、向かいは私より若そうな静かな方、斜め向かいは寝たきりに近いおばあちゃん、寝てる時に色んな音が聞こえます(^_^;)
げほっ!ぐぅ~ぅおぁとか・・・
問題は隣り
うちの病院はTVはイヤホン使用で見る事になってるのですが、何故か昼間はイヤホンせず音垂れ流しで見てます。微妙な人だなぁと思っていたら今朝6に目覚まし音!そんな朝から何するのかしら?
まぁ詮索されないので目覚ましくらいは我慢します┐('~`;)┌

手術から3日め、痛みは随分和らぎ、暇潰しにトイレにばかり通ってます(・ω・)
まだ絶食中のせいか、集中力が全く無くて、本を読んでも1ページ読むのがやっと、テレビも見てるの嫌になるし何の目的も無く歩く散歩と言う優雅な事ができないので、ひたすらトイレに通うと言う事態に陥ってます。
でも今日は随分調子が良いので
ラウンジにでも行ってマンウォッチングでもしてまいります、しかし前回、ラウンジにものすごく笑える漫画本が置いてあって、それを読んでしまい酷い目にあったので、今回は置き雑誌には注意しようと警戒中です
今朝からようやく流動食開始!楽しみにゃ
今回3回目の開腹手術なので、癒着が進んでたら腸を切らなければならない事になるかも!と消化器系手術の準備も万端でしたが、腸は切らずに済みました(^_^)v
ま、これもスパルタ旦那のおかげ
腸を切ってたら食事さらに延期ですから、ぞーーです(>_<)
入院エピソード | comments (4) | trackback (0) |
痛いよー
いや~今回はいつになく痛くて、背中の麻酔の追加して貰いました(ToT)
昨晩も旦那に危うくラウンジまで連れて行かれそうになったのですが
さすがに拒否!
トイレ以外は布団でおとなしくしてます
手術内容などの詳しい説明はまだ聞いてないので、これからどうなるかはまたまだお楽しみです(^_^;)
術後 | comments (6) | trackback (0) |
経過報告~(*^-^)
こんばんは!
今夜も嫁の変わりに近況をご報告します(*^-^)
その前に!!
本当に皆さんの暖かいお言葉に涙が止まりません 号(┳◇┳)泣
こんなにもたくさんの方々に心配していただいて
『嫁』は幸せ者だと思いますo(*^▽^*)o
どうもありがとうございます!!

今日はナースステーションの隣の『HCU』から
無事に一般の相部屋に移ることができました(^▽^)/
しかし、術後のせいか38℃くらいの発熱をしています。
そのおかげか、今までの手術の中では一番顔色が良く見えて
しまいました(笑)
水も少し飲めるようになったみたいで、熱が下がれば少しずつ
動けるようになると思います。
でも、いままでの中では一番痛みが強いらしくさすがの『嫁』も
今回ばかりは痛がっているので←そりゃ全摘出だからねΣ(=д=ノ)ノ
スパルタのリハビリも今回は遠慮しとこうと思います。

お見舞いに行った時点ではまだ主治医の先生から詳しい説明は聞いて
いないらしく、抗癌剤の再治療等はまだ聞いていないみたいでした。
さすがに俺の口からも言えず、『じゃもう少し回復したら説明されるのかな』とはぐらかしてしまいました…
(このブログを見られたらおしまいですが(ノ>。☆)ノ)
とりあえず体力をしっかり回復してもらってこれからの闘いに備えていきたいと思います!!

術後 | comments (4) | trackback (0) |
手術が無事終わりました(^▽^)/
こんばんは!旦那です(*^-^)
無事に嫁の手術が終わりました☆☆☆
さすがに、3回目ということもあり今までで一番落ち着いてたのでは
ないかな?と思います。
手術も成功し、すぐに体力も回復してくると思いますが
やはり、抗癌剤治療が再開となります。
詳しいことは、嫁の方から説明があると思いますが
まだまだ『癌』との闘いは続きそうです。
もう治りかけていたと思い込んでいただけに
俺みたいに意地悪な人間じゃなく、なんで嫁のようないい奴が
こんなに苦しまなきゃいけないんだ???
と思ってしまいます…
しかしそんなことを悔やんでもしかたないので
今までは、レースの為に嫁に辛い思いをさせてきてしまいましたが
これからは特にできるだけ傍にいてやりたいと思います。
この『癌』を克服できるように支えていきたいと思いますので
これかも暖かく見守って下さい。
宜しくお願いしますm(_ _)m
術後 | comments (8) | trackback (0) |
きゅるきゅる~(T_T)
朝から浣腸されて
げっそりだよ(ToT)
な嫁です
すっかり準備も済んで、ベットでマンガなんぞ読みつつ手術を待ってます(^_^)v
昨晩もよく眠れたので体調も万全です(o^-')b
せっかく携帯でブログ見れると思ったのに、日曜日からアップしたのが見られません(T_T)
旦那に確認して貰ったらアップはされてるそうなので、このまま更新して行きま~す
ただ、コメントが読めないので、もしコメント下さってる方がいましたら、お返事が書けませんが、すみませんm(_ _)m
終わるのは夜7時ぐらい予定です
お腹がぐーぐー鳴っているので、早く回復して旨い物食ってやる!と今から心に誓っています!
腹減った(T_T)
術前 | comments (2) | trackback (0) |
きれいきれい( ̄ー+ ̄)
昨日はホントにブログアップした直後から爆睡(-.-)zzZ
見回りも一度も気付きませんでした(^。^;)
今日は10時から下剤(ニフレック)2リットル服用で、現在もトイレ通い中です(T_T)
そして今晩も粒の下剤服用・・・明日は朝から浣腸って、どんだけきれいにするんじゃ!
と、誰かに突っ込みたい今日この頃・・・
下の毛も、春に副作用で全滅して
夏に手術で剃られ
秋にまたまた手術で剃られて~と生えてる間が無いです(ToT)

今回も四人部屋へ入院なんですが、今のところ二人だけ
もう一人は、中学生くらいの女の子です
摂食障害っぽい感じ・・・前の入院で一緒になった摂食障害女の子と同じ治療してるから、たぶんそうだと思います
でも、あいさつ以外は話してないから解りませ~ん
しかし、疑問
摂食障害の治療って内科じゃないのか?
ま、詮索好きなおば様の攻撃に会うより、可憐な女の子の方が良いから、いいけどね~
今日は、とにかく出すべし出すべし!以外はやる事なく、昼寝なんぞしております
ホント明日、手術だなんで全く実感無しです(ρ.-)
術前 | comments (3) | trackback (0) |
入院~
20061104212922
午後2時に病院に来ました~
旦那は休日出勤だったので姉に送ってもらいました
ま、旦那は休みだったとしても免停で運転できないから同じなんですけどね┐('~`;)┌
来てみたら何か暗いなぁ・・・と思ったら電気の点検中で非常灯しか点かず薄暗い中を移動(-.-)
偶然、廊下で婦人科外来の看護師さんに会い「大変な目にあっちゃったね~
でもM先生、すんごく優しくていい先生だから安心して任せて頑張ってね」と激励されました
でも、思わず
「え!?M先生って優しいんですか!?」と失礼な突っ込みを入れてしまいましたσ(^◇^;)
「うん優し過ぎるくらい、優しい先生だよ。腕もいいし、あれ?先生怖かった?」って、怖くは無いけど今までの先生と雰囲気が違うから、まだ打ち解けて話せない・・・と言うような事を言ったら
「主治医誰だっけ?」
「男前先生です」
「あ~そっか、それじゃあ雰囲気違うもんね~
M先生とも付き合いが長くなれば打ち解けてくるからね」
「え~でも、あんまりお世話になりたくないです(>_<)
手術から回復したら、その後はお世話にならずに居たいですよぅ」「それもそうね~」
なんて話してたら予定時間に遅刻しちゃいましたf^_^;
でも、土曜だから予想通り何もする事が無く、手続き済ませたら姉と外出してきました
そして帰って来ると、写真の札が置いてありました(写真ちゃんとアップされてるかしら?)
マジ!?明日の朝から絶食ですか!?
昼からだと思ってたのに、早っ!!
手術は明後日の午後3時からでっせ!
こりゃあ、うかうかできん!と、夕食を完食後ラウンジの自販アイスを食べて来ました~
昨日は旦那とゲーセンに行ったりして寝不足なので、これをアップしたらすぐに熟睡しそうです
おやすみなさ~い
術前 | comments (2) | trackback (0) |
術前説明
術前説明受けてきました~
夕方6:30から、姉と旦那と一緒に婦人科のM先生のもとへ
説明が始まると、M先生思いっきり卵巣が悪性腫瘍と言う前提で話しているので
思わず「あの~まだ良性の可能性ってあるんですよね?・・・」って聞いてみたら
「ん~、無いとは言えないけど急激に大きくなってるから、まず悪性だと思うよ」って
あう~( p_q)( p_q)
解りました~、覚悟決めますぅぅぅ
男前先生は、切ってみないと解らないからまだ良性の可能性はあるって言ってたけど、私の希望を消さない為だったのかしら、くすん
しかも、本日初耳だったのが
「左の卵巣もちょっと腫れてるから・・・」って
えっ?!初耳っすよ!もうもう、こうなったらど~んと来い!って感じ
子宮が無事な可能性は大きいけど、残すメリットより切った方がリスクを回避できる(ここんとこかなり、しつこく聞いて決定)とのことで
手術は基本は、両卵巣、子宮前摘出の予定(´_`。)
た~だ~し~!
私は前回の手術で、大腸から肝臓に転移し肝臓のリンパ節にも転移が疑われて手術したのに、いざ開腹してみたら肝臓の腫瘍は消えてるは、リンパ節も異常は無いは、何もせずに閉じただけ・・・と言う体験をしているので、今回も望みは捨ててません
帰りの車の中でさすがに、ちょっと切なくなって
旦那に「子供産めなくなるけど、ゴメンね・・・」って半泣きで言ったら
「じゃ、離婚する?」って
「えっ?!やだ」
「じゃ、もう謝んないで、嫁が悪いんじゃないから謝るな。どうしても欲しければ、養子もらえばいいよ」って
(TT▽TT)ダァー
言葉は乱暴だけど、いい奴だ
前にも「卵巣も子宮も無くなっても、今と同じように好きで居てくれる?」と冗談半分で聞いたら
「・・・・・うん」って
「なんだ、なんだ?!その微妙な間は!!」
「いや、卵巣無くなったらホルモンバランス崩れるんでしょ?そしたら今以上に珍獣度が増さない?って思ったらちょっと躊躇しただけ」って
( ┰_┰) どうせ私は人間らしくない、珍獣ですよ~だ (┯_┯)
言動、行動がどんどん人間から離れてるらしいです・・・あはは
その後に、姉さんも一緒に夕飯食べて
旦那がボーリングに行きたい!と言うので二人でボーリング
だれも数日後に手術する身とは見抜けまい・・・と思ったのでした

さてさて入院準備しなければ、って
まだ何もしてないんです(_д_)。
明日入院なんですけどね・・・・



手術 | comments (6) | trackback (0) |
むむ(ΘoΘ;)
絵文字は表示できない事が判明(T_T)
奇妙な漢字になっとります
未分類 | comments (0) | trackback (0) |
練習~ヽ('ー`)ノ~
入院中にもブログがアップできるように、携帯から練習してみてます
今までパソコンからしかした事無かったので携帯からできるようになったら、私も一端のブロガーかしら
未分類 | comments (0) | trackback (0) |
手術日決定!!
手術の日が決まりました~
6日です!思わず
「来月じゃないですよね?」
「今月です」って早っ!
入院は4日(土曜日)の午後・・・って、あと何日?!あれもこれもやらねば~!!!と思いつつ、のんびりブログの更新なぞしております

昨日婦人科へ行ったら、M先生(婦人科の主治医)が
「男前先生何て言ってました?」って、聞いてないのけ?と思いつつ
「あ~PET結果見ると卵巣以外は転移が見られないから、婦人科で手術になるって・・・・」としどろもどろ説明していると、M先生カルテ開いて読んだ後、おもむろに
「じゃ、ちょっと診察させてください」って
また~?!
と思いつつも、いつもの診察台でエコー&触診
いつもと違うのは痛い!
触診痛くて思わず腰が引けてたら
「力抜いて~」無理!「痛い?」もちろん!「我慢してね~」あんだと~!!・・・・何とか切り抜けました
その後、外科の先生と共同で手術になるから予定会わせるので外で待つように言われ
その後、呼ばれて入ると
「決まりました、6日です」
「!?来月じゃないですよね?」
「もちろん今月です、入院の窓口は外科になるから今から外科の外来行って下さい」って・・・・・
??婦人科の手術なのに外科?と不思議に思いながら外科へ行くと
男前先生が「M先生、来週学会で居なくなるから主治医は僕と言う事にしたんですが、いいですか?」って
「もちろんです!」わ~い、良かった
M先生も悪い人ではないんですが
どうも今までわりとフレンドリーな先生に慣れていたせいか無愛想でちょっと話しにくいんですよぅ
土曜日入院なので、事前検査のレントゲンやら採血やら麻酔科の受診やら一気に済ませた後に
もう一度外科外来へ、そこで気になっていたことを質問
「手術がやたらと早いんですけど、そんなに緊急性があったんですか?」
私はあんまり気にしてなかったのですが、姉に手術日の連絡したら
「そんなに切羽詰った病状だったの?!」と言われ
そう言われてみると心配になってくる・・・・
男前先生「それは大丈夫、ま早いに越した事は無いんだけど、今月手術の予定が詰まってて6日を逃すと結構先になっちゃうから入れただけだよ」って良かった~
その他にも、右卵巣が悪性だった場合リンパも取るのか?
排尿障害とか大丈夫?
とか、思いついたことを片っ端からぐだぐだ聞いてみました

リンパについては、大腸からの転移だったら大腸のほうのリンパ節はもう取ってあるから取らないし、その場合は卵巣関係のリンパ節を取る意味は無いからそれは取らない

排尿障害については神経を傷付けないようにやるから心配しないように「まかしてください!」って、頼もしいっす

手術時間は手術自体は2時間程度のものだけど、3回目の開腹だから癒着が進んでると思うから+1時間はかかると思う

癒着がひどければ大腸を剥がす時に大腸を切らなければならない可能性もあるので、腸の手術の用意もする事・・・術前浣腸、強力下剤とかですね・・・

などなど今日の夕方、M先生から正式な術前説明があるんですが
男前先生のほうが聞きやすいのでつい聞いてみました、ちょっと安心しました~
にしても、忙しい
病気 | comments (2) | trackback (0) |
TopPage
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。