2005年28歳にして大腸癌を患うも、旦那と共にお気楽な日々を送る嫁の日常です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
サイボーグ
日々、おバカな日常を自己暴露している嫁ですが
懲りずに今日も・・・
11月に手術した3日後の旦那と私の会話
卵巣、子宮と摘出されても3日後にはかなり元気になった私を見て
旦那「人間って相当な臓器を失っても普通に生きてけるんじゃない?」
嫁「重要な部分無くなったら無理だよ」

「でも、大腸切って、卵巣、子宮も切って、肝臓だって切ってたかもしれないのに、そんなに元気なんだから、まだまだいけるんじゃない?」
「いけるって?!無理だってば、特に心臓無くなったら無理だからね」
「そしたら、サイボーグになれば?」
「え?攻殻機動隊みたいな?」
「そうそう、そしたら中身だけじゃなくて外見も綺麗になれるよ」

「わかったよ~、そしたらバイク乗るの止めて、私に乗れば?」
「ええ~?速いの?」
「そりゃ~速いよ、でも本人ビビリだから機能を生かしきれないかもね」
「そこんとこはライダーの俺が操縦するから大丈夫
「でも、すごい酷使するんでしょ」
「レースの時は無理するけど、すんごい大事にするよ、今の俺のバイクの扱い見ても解るでしょ?」
「ん~じゃあ、乗ってもいいよ・・・」

はい、すんません
失礼しました~
こんな会話を、病室の片隅でコソコソとしてました
ちなみに攻殻機動隊とはアニメです、興味のある方はこちらをクリックしてみてくださいなここ

この後に、乗るっても今の人間型のまま”おんぶ”するのかな?
サイボーグだから変化してバイクになるか、手足から車輪だけ出すか、タイヤだけ付けるのか?
などなど、妄想にふけった嫁でした
スポンサーサイト
日常 | comments (20) | trackback (0) |
TopPage
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。