2005年28歳にして大腸癌を患うも、旦那と共にお気楽な日々を送る嫁の日常です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
肛門様・・・
大腸癌という病気柄、排泄物には人一倍神経質
(受診のきっかけも血便だったし)
でも、やっかいなのが腸管内からの出血か、入り口の痔からの出血か紛らわしい事
腸閉塞になってもおかしくないくらい腫瘍に圧迫されていた大腸だったのに、便秘知らずの快便姫(BYちこちこさん)の嫁ですが
抗癌剤の副作用で強烈な下痢によって切痔になってしまいました
何と言うか、自分のブツを詳しく熱く語るのは何ともな~ですが
あえて言うと、通常の下痢ではなくて小腸から直で出てるのでは?
と疑問を持ちたくなるような、嗅いだ事も無いような刺激臭と
見たことも無い白っぽい色と、感じたことの無い肛門様への刺激
そんな、ぴーが10分おきくらいに続き(腹痛を伴わないのが、せめてもの救い)
肛門様がただれて、切れて・・・・
肛門様が修復される頃にまた次の抗癌剤が投与され
すっかり切痔が定着してしまいました
最近ブツに血が付くので思い切って自分の肛門様を鏡で見てみたら
しっかり切れてました・・・・・・
かわいそうな肛門様、思わず暫く見つめてしまいました
ちなみに直腸診はしてるので直腸癌の心配は今の所大丈夫
切ない~
下痢ぴーが続いていた頃、切なくなってトイレに向かう時に
ビートルズの「Let It Be」に合わせて
「下痢ピ~下痢ピ~~!!」と歌いながらトイレ通いしてた事を思い出しました
治りかけてはに傷口をえぐられ・・・
肛門様に薬を塗る度に何だか切なくなるのは何故でしょう?
しかも一応病気なのに、何だかコミカルなのは何故でしょう?
あぁ可愛そうな肛門様・・・・
早く治れ~
スポンサーサイト
病気 | comments (8) | trackback (0) |
TopPage
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。