2005年28歳にして大腸癌を患うも、旦那と共にお気楽な日々を送る嫁の日常です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
さよなら男前先生~
今回の治療入院の前日
旦那のバイク仲間の方に飲みに連れて行ってもらい
ついつい2時過ぎまで飲んでしまい・・・・
案の定入院当日は二日酔い
でも朝飯も普通に食べられたし大丈夫!!
と思っていたら徐々に、何となく気持ち悪い・・・
抗癌剤で吐き癖がついているのか
気持ち悪いと思うと吐けてしまう体質になってしまったのか
以前なら平気だったのに、トイレに行って治療前にウゲロ~としてきました
しかし!二日酔いで吐くって治療で吐くのに比べたら
超爽快!
妙にすっきり爽快な気分で病院に向かいました
酒臭いとやばいな・・・と臭い予防でしっかりマスクもしてきましたよ

その日の夜、病院で男前先生が病室にやって来て
「ちょっといいですか?」と別室に呼ばれたので
いよいよ、お別れの挨拶か?!と思ったら
その通り
「今週で転院になるんですよ」って
早っ!
心の準備は出来ていたのですが
やっぱり悲しくて涙ぐんでしまいました
でも、しっかり転院先は聞いておきました!
「何かあったら相談していいですか?」って聞いたら
「もちろんいいですよ。元気でいてね。絶対、元気でいなくちゃダメですよ」と力強く励ましてくれました。
最初に出会ったのは昨年の肝臓手術の術前説明の時
いろんな可能性を含めて丁寧に説明してくれた最後に
「前の病院で、嫁さんのように若年で癌になって5年間転移や治療で苦しんで苦しんで最後は骨盤にも転移しちゃったんですけど、でも最終的には治ったんですよ。そういう人も居ますから頑張りましょうね」と励ましてくれました
いつも、良い将来を考えて治療方針を進めてくれていた先生でした
今日が最後なら!と愛の告白・・・ではなくて
急遽、これからの治療の方向性など色々聞いてもらいました
しかし、私が独身だったら思わず惚れてしまっていたかもしれませんな
転院しても腹腔鏡手術のために1ヶ月に1回は来るそうな
でも手術だからきっと会えないとは思うけど・・・・
悲しいけども、今度の先生も良い先生であることを祈ってます
曜日の関係で新しい担当は旧担当のラーメン大好き小池先生ではなくて
アイルトンセナにちょっと似た30代半ばの若い先生です
セナ先生と命名!来週からはセナ先生じゃ~

ちなみに、今週末から旦那のバイクの全日本選手権が開幕になるので
明日の夕方から出発して日曜日までサーキット生活になります
様子は旦那のブログにアップされると思うので良かったら覗いてみてください~
私の楽しみは宇都宮の餃子でくぴっと1杯やることです




スポンサーサイト
病気 | comments (14) | trackback (0) |
週末の過ごし方・・・
木曜日の深夜から旦那のレースのお供で栃木へ行ってました
レースの様子はこちらに、そのうちアップされる予定
金曜日、土曜日とバイクに乗り
日曜日は私の実家で田んぼをトラクターで爆走
相変わらず忙しい人です
東京では桜が咲き始めたそうですが
実家の田んぼ脇の梅はまだまだ
ume

こんな感じでした

そうそう、私の地元では「田おこし」(田んぼを耕す事)を
「田ぶち」と言います
実戦で使うと
「旦那さん、どこに行ってるの?」
「今、田をぶちに行ってます」
と、なります
先日、姉と話していて
「田を『ぶつ』って言うけど、ぶつって考えてみると凄い変だよね」
と、言われ「そういわれてみると変だよね・・・」と気付きました
私が生まれたところは、あまり訛りは無いのですが
学生時代、東京に住んでみて初めて方言だと気付いた言葉もありました
例えば「ほとばす」とか
はとバスhatobasu

じゃないですよ
「ほとばす」この意味は
「水に浸す」とか「水に漬ける」という時に使います
友人と私の家で御飯を食べて、友人が食器をシンクに運び
「今洗う?」と聞かれ
「ほとばしといてくれればいいよ~」と答えた私、関東出身の友人誰にも通じず
『水に漬けておいてくれればいいよ』という意味で言ったのですが、それまで「ほとばす」が標準語だと思っていたので、非常に驚きました

その他にも、よく考えてみると非常におかしい方言もたくさん・・・
「さりけ落ちる」
「さらっこと」
「とびっくら」
「ももっかい」
などなど、訳すと上から
「勢い良く転がり落ちる」
「嘘」
「徒競走」
「くすぐったい」
です、私の生まれた村はコンビニも車で10分以上かかったし(今は車で10分くらいの所にもで来ました)
村に信号一つしかないし
イナゴもタニシも食べるし・・・ってな話をしたら
すっかり「長野はミラクルワールドだ」と言われ面白がられていました
きっと、まだ気付いていないけど標準語だと思っている方言があるんだろうな・・・
いつ気付くか自分でも楽しみです
ちなみに「半袖」の発音で
「はんそで」なのか「はんそで」なのか、どっちが標準語かいつも忘れてしまいます~
旦那 | comments (8) | trackback (0) |
飛行機苦手・・・・
今テレビを付けたままパソコンをしていたら
飛行機が胴体着陸をしていた・・・・・・
私が乗っていたら、きっと恐怖のあまり硬直して無言で泣いていた事でしょう
旅行記の方にも書きましたが
私は飛行機が苦手・・・

飛行機に初めて乗ったのは14歳の時
その時は揺れなかったので「こんなもんか・・・」って感じでしたが
18歳になって乗った時に、結構揺れたのです!
そうしたら急に、鉄の塊の(正確には鉄じゃないんでしょうけどね)飛行機と言う物体が飛んでいる!と言う事実が恐ろしくなり
自分の足の下は空中なんだ!と思ったら余計に
更に揺れると、妙に自分の部屋を散らかしっぱなしで出かけてしまった事や
引き出しの中の、見られたくない物(日記とか)の事が気になり出し
非常に落ち着かなくて早く着け~と祈るばかりでした
でも、働き始めたら自分の稼ぎで出かけられるので大好きな沖縄には行きたい!
でもでも、飛行機は乗りたくない!
出来れば船で行きたいけれど、そんなに休み取れないし・・・
と思い悩んだ末に飛行機に乗る旅行の前は
わたくし遺書を書いて部屋を掃除して出かける事にしていました
そうして飛行機に乗ると、いざ揺れても心は平穏で居られたのです
が、それ以上に落ち着いていられたのは
始めて国際線に乗って機内でアルコールサービスがあり喜んで飲んだら
気分は楽しいし、眠れるし
こりゃ一石二鳥!とそれからは遺書は書かずに飲む事にしました
でも、遺書を書くと日常でも心置きなく過ごせるので
(親しい人へのお礼とか、見られたくない青春の恥ずかしい記録とか・・どう処理してくれなどお願いできるから)
また、近いうちに書いてみようかな~なんて思ってみました

追伸:旅行記続き書きました~まだ全部は書けてませんが良かったら見てください~
ここ
日常 | comments (6) | trackback (0) |
後2回~
今回の治療は、1週間の旅行の直後だし
毎日飲んだくれてたし・・・
きっと肝機能や白血球低くて延期になるんじゃないかなぁ
と半分期待して行ったのですが
血液の値に異常なし
で、無事8回目終了しました
私の造血細胞どこまで頑丈なんだか・・・・・

今回は沖縄パワーが充填されていたせいか
めずらしく初日はリバースせず
「今回はこのまま行けるか?!」と大いに期待したのですが
翌日からいつもどおり
でも、何とか終わりました~
食べてないので何だか力が入りませんが、明日は旦那と山梨に行く予定
唯一の食物、ヨーグルト食べて行ってきます~
化学療法 | comments (6) | trackback (0) |
波照間ライフ続き・・・・
 写真を載せたいのにブログじゃ容量が足りないのでホームページの方に旅行記を書きました
 3日目まで書けたので良かったら読んでみてくださいな
ここ

umi


あ~明日からまた治療です・・・・
嫌だな嫌だな~と、駄々をこねてみる
あと3回だあ~早く終われ~ 
| comments (6) | trackback (0) |
波照間島ライフ
西浜

今朝の3時に帰ってきました~
朝3時半にサーキットへ出かける旦那を見送ってから爆睡して
(今回はさすがにお留守番)
ブログを見ようとパソコンを立ち上げたら
私の写真が待ち受け画面になっていて、びっくり!
1週間も放っておいたので、さすがに寂しかったのかしら?
今日帰ってきたら旦那サービスいたします

25日の早朝5時半にタクシーの空港便のお迎えで羽田空港へ向かい
石垣島に着いたのが夕方4時半
家を出てから、るんるん気分の嫁姉妹は殆ど寝ずにしゃべりっぱなし
まず羽田に付いた時点で
「暖かい!」と上着を一枚脱ぎ
石垣空港で
「更に暖かい!」ともう一枚脱ぎ
26日に波照間島に着くと晴天で
「暑い!」と半袖になり
水着を着て二人でシュノーケルをし
どこまでも続く青い海、腰まで位の深さで珊瑚も熱帯魚も見られて
30歳越えたいい年の二人が
子供のようにはしゃいでしまいました
3日に波照間島を出るまで毎日夜は大宴会
昼間は自転車でサトウキビ畑の間の道を爆走して島内を探検
浜で泳いだり貝を拾ったり、ヤドカリと遊んだり
社会復帰できなくなりそうな日々を送ってきました

泊まった宿は1泊2食(夕飯の時の泡盛飲み放題付き)付きで5千円!
しかも2食と言っても、朝飯が大量に出る上に
宿のおじさんが「これでおにぎり作ってね~」と
ラップやらホイルやら梅干し、ごま塩を用意してくれるので
実質3食付!!
一日の食費は昼のお茶代で済みました
この宿、色々と特徴がありまして駄目な人は二度と来たくないと言い
はまる人は年間何回もやって来るリピーターもいて
私は後者で、行けるものなら毎週でも!と思います
一番の特徴は夕飯で、宿の前にテーブルがあり年中夕食は外
そこで宿に泊まった皆で夕飯を食べ、泡盛を飲みます
日本全国から集まる色んな人と、楽しい話、ためになる話
一人旅の人も多いのですが一人出来た事を忘れるくらい楽しい宿です
と言う私も前回までは一人旅でした
まだまだ書きたいエピソードだらけなので
続きは後日・・・・
(写真をいっぱい付けようとしたらエラーになったので一枚で断念・・・しかも左上に指かかってるし・・・)
| comments (6) | trackback (0) |
TopPage
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。