2005年28歳にして大腸癌を患うも、旦那と共にお気楽な日々を送る嫁の日常です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
週末の過ごし方・・・
木曜日の深夜から旦那のレースのお供で栃木へ行ってました
レースの様子はこちらに、そのうちアップされる予定
金曜日、土曜日とバイクに乗り
日曜日は私の実家で田んぼをトラクターで爆走
相変わらず忙しい人です
東京では桜が咲き始めたそうですが
実家の田んぼ脇の梅はまだまだ
ume

こんな感じでした

そうそう、私の地元では「田おこし」(田んぼを耕す事)を
「田ぶち」と言います
実戦で使うと
「旦那さん、どこに行ってるの?」
「今、田をぶちに行ってます」
と、なります
先日、姉と話していて
「田を『ぶつ』って言うけど、ぶつって考えてみると凄い変だよね」
と、言われ「そういわれてみると変だよね・・・」と気付きました
私が生まれたところは、あまり訛りは無いのですが
学生時代、東京に住んでみて初めて方言だと気付いた言葉もありました
例えば「ほとばす」とか
はとバスhatobasu

じゃないですよ
「ほとばす」この意味は
「水に浸す」とか「水に漬ける」という時に使います
友人と私の家で御飯を食べて、友人が食器をシンクに運び
「今洗う?」と聞かれ
「ほとばしといてくれればいいよ~」と答えた私、関東出身の友人誰にも通じず
『水に漬けておいてくれればいいよ』という意味で言ったのですが、それまで「ほとばす」が標準語だと思っていたので、非常に驚きました

その他にも、よく考えてみると非常におかしい方言もたくさん・・・
「さりけ落ちる」
「さらっこと」
「とびっくら」
「ももっかい」
などなど、訳すと上から
「勢い良く転がり落ちる」
「嘘」
「徒競走」
「くすぐったい」
です、私の生まれた村はコンビニも車で10分以上かかったし(今は車で10分くらいの所にもで来ました)
村に信号一つしかないし
イナゴもタニシも食べるし・・・ってな話をしたら
すっかり「長野はミラクルワールドだ」と言われ面白がられていました
きっと、まだ気付いていないけど標準語だと思っている方言があるんだろうな・・・
いつ気付くか自分でも楽しみです
ちなみに「半袖」の発音で
「はんそで」なのか「はんそで」なのか、どっちが標準語かいつも忘れてしまいます~
スポンサーサイト
旦那 | comments (8) | trackback (0) |
TopPage
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。