2005年28歳にして大腸癌を患うも、旦那と共にお気楽な日々を送る嫁の日常です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
初めての治療中断
先週10日から白血球数少なめで始めたFOLFOX治療
(値は詳しく聞いてないので知りません~
10日はリバースもせずに過ごせたのですが、11日に目覚めると
何となく熱いかな~多分微熱あるんだろうな~って感じの体調
朝の検温で37.4℃、ちなみに朝の検温までに1回リバース
吐き気止めの点滴打ってもらって、点滴されながら2回リバース・・・
でも本日のリバースはこれで終了、ほっ
時間が経つにつれて更に熱くなり、だるくもなってきたな~
と思っていたら看護士さんが点滴交換ついでに検温してくれて
38.6℃に上昇、う~む熱い・・・・
「氷枕使いますか?」と言われるも「痺れるので・・」とお断り
私の使ってる薬の副作用で、冷やすと冷やした部分がびりびり痺れると言う副作用があるため冷やせないのです
看護士さんも「そうでしたね」って・・・忘れられてました
どうやらセナ先生に相談しに行った様子
セナ先生が登場~聴診器で肺の音を確認後
「肺のレントゲンと血液検査しましょう、何か肺に変化がおこってる可能性もありますし・・・」って、おいおい今度は肺に転移か?!
などと言われるも熱でぼーっとしてるので、はいおっしゃるとおりにします~と、あまり動揺もせずにレントゲンへ行く事に
熱が上がってる自覚があったので無理せず車椅子で看護助手さんに連れて行ってもらいました
さて撮影、という所で「あ、ブラにワイヤー入ってる」と思い出したものの脱衣所まで行くのも億劫で
若い男性の技師さん二人の前でブラ外してしまいました・・・
撮影後、看護助手さんに「ごめんね、高齢の人ばかり連れ慣れて来てたからブラの事、忘れてたわ。ごめんね~」と誤り倒されました
ベットで肺に転移してたのかな~とか、肺炎でも起してるのかなあとか思いつつ待っていると、セナ先生登場~
「レントゲンも血液も異常無かったです。原因は・・・ん~わかんないですね~。でも、検査で異常が無いので抗生物質は使わずに解熱剤だけで行きましょうね」との事
そのまま、ベットで大人しく寝ていたのですが
待てど暮らせど看護士さん現れず嫁は放置プレイのまま
喉が渇いたので自販機に飲み物を買いに行こうと立ち上がろうとするも何故か身体が持ち上がらず・・・・
ベットから足だけ下ろしてみたり、うずくまってみたり、しばしうごめいた後に
どうにも身体がしんどくなったのでナースコール
「しんどいので何か熱下げるもの下さい」とお願いして検温すると
39.6℃に上昇してました、そりゃしんどいわな~
さらに待ち続けてようやく、解熱剤の筋肉注射を打ってもらいしばし爆睡
目覚めると身体が随分楽~
この頃から看護士さんが頻繁に現れるようになり検温すると39.1℃
・・・大して変わらないけど随分楽
その後38.5℃まで下がったのですが、先生の判断で今回は2日目の夕方で中止となりました
その後は37℃台まで下がり、次の日は平熱になりました~

今日、血液検査と診察に行ってきたのですが
相変わらず「異常ないですね~」とのこと・・・・
セナ先生に「熱の原因で考え付くものってありますか?」って聞いてみたのですが
「ん~~~~ない!」って・・・・
「ポートの感染だったら針抜いても熱下がらないだろうし、もしかしたら、抗癌剤のアレルギーかもしれないけど・・・」
「最初の点滴でアレルギーは聞いた事ありますけど、次の日からの持続点滴でのアレルギーってあんまり聞いた事無いんですけども・・・」
「そうなんだよね・・・・まあでも、今の時点で体調変化無いなら次回も予定通りにやって、それでも熱出たら抗癌剤そのものを見直す方向でいきましょうかね」
という事になりました、次回も熱発するかどうかドキドキです~
スポンサーサイト
化学療法 | comments (20) | trackback (0) |
TopPage
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。