2005年28歳にして大腸癌を患うも、旦那と共にお気楽な日々を送る嫁の日常です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
減ったの~♪
祝!薬減!!めでたい~ 私じゅる
先週の7月3日にCTの検査がありまして
結果!!「新たな病変なし!!」との事で
めでたく抗癌剤が1種類減りました~桜
そして7月3日の治療から早速、薬減
今までは、オキサリプラチン+5FU+アイソボリン
だったのが、5FU+アイソボリンのみ!
投与方法は今までと同じで2泊3日の持続点滴です
いや~1種類減るだけで楽なこと楽なことちな♪ちな♪
点滴しつつも、少しですが御飯(ヨーグルトですけど)も食べられるし
熱も出ないし、そのせいかあまりだるくなかったので
新しく病院に出来た、図書コーナーへふらふらと出向き本を借りたり
病室の人とお話したりと、楽に過ごせました
胸焼けのような、気持ち悪さと言うか、何と言うか・・・
胃の不快感はありましたが、今までと比べれば何てことはないさ~

ってな訳で、今までは入院中に写真を撮る元気も無かったのですが
今回は、最近の私の入院グッズについてレポ~
抗癌剤をインフューザーポンプに入れて持ち歩くのですが
一応、終了時間が決まってはいるものの中身は風船の親戚みたいなものなので
終了時間がずれる事はザラです
私は、結構遅れるタイプでした
時間どおり終わらせるには、このポンプを出来るだけ体にくっつけておいた方が良いと言われたのですが
中身は抗癌剤・・・私の体のために頑張ってくれる物とはいえ
「こいつのせいで、気持ち悪いんじゃ~!!!」と言う思いも強く・・・
出来れば見えないところに置いて置きたい・・・
でも、くっつけなきゃ余計に時間掛かるし・・・・
と言う中で、私が考え出した方法は!
じゃじゃ~ん
kuma

INくまちゃん
くまのぬいぐるみguru-mi-1に抱かせてみました
こいつは、ぬいぐるみに袋を安全ピンで留めただけ
この子をトイレに行く時も、入院中に会計窓口に行く時も持ち歩き
kuma2

こんな感じで、院内をふらふらしています
・・・・・・・見た目、ぬいぐるみを持ち歩くイタイおばちゃん・・・
もちろん寝る時は、こいつをがしっと抱きかかえて寝てます
イタイかも・・・・・
でも良いんです!さわり心地が良いから!

この他にも、私の入院グッズで欠かせないのが
マイ枕!!
低反発の普段から使っているものを持っていってます
他の荷物は少ないのに、ぬいぐるみと枕のせいで毎回荷物が大きい私です

今回の検査結果で、めでたく薬は減ったので次回もう1回入院治療して
大丈夫なようなら、その次からは外来になる予定アップロードファイル
次回からでも良いんですけど、外来と入院で分かれると高額医療の計算が別々になってしまって家計に優しくないのですものソ猝ヨ
でもでも、セナ先生に「じゃあ、今回の治療を続ける目安は、いつまででしょう?」と聞いたら
しばしの沈黙後「・・・目安は無いですね。定期的に検査して再発があればオキサリを再投入って感じで。」って・・・・
私泣き
いつまで続けるんだろう~
しか~し!再発しなければ必ず辞める時は来るので
今回も先生をびっくりさせる予定で治療に励みます!
スポンサーサイト
化学療法 | comments (16) | trackback (1) |
TopPage
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。