2005年28歳にして大腸癌を患うも、旦那と共にお気楽な日々を送る嫁の日常です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
手術日決定!!
手術の日が決まりました~
6日です!思わず
「来月じゃないですよね?」
「今月です」って早っ!
入院は4日(土曜日)の午後・・・って、あと何日?!あれもこれもやらねば~!!!と思いつつ、のんびりブログの更新なぞしております

昨日婦人科へ行ったら、M先生(婦人科の主治医)が
「男前先生何て言ってました?」って、聞いてないのけ?と思いつつ
「あ~PET結果見ると卵巣以外は転移が見られないから、婦人科で手術になるって・・・・」としどろもどろ説明していると、M先生カルテ開いて読んだ後、おもむろに
「じゃ、ちょっと診察させてください」って
また~?!
と思いつつも、いつもの診察台でエコー&触診
いつもと違うのは痛い!
触診痛くて思わず腰が引けてたら
「力抜いて~」無理!「痛い?」もちろん!「我慢してね~」あんだと~!!・・・・何とか切り抜けました
その後、外科の先生と共同で手術になるから予定会わせるので外で待つように言われ
その後、呼ばれて入ると
「決まりました、6日です」
「!?来月じゃないですよね?」
「もちろん今月です、入院の窓口は外科になるから今から外科の外来行って下さい」って・・・・・
??婦人科の手術なのに外科?と不思議に思いながら外科へ行くと
男前先生が「M先生、来週学会で居なくなるから主治医は僕と言う事にしたんですが、いいですか?」って
「もちろんです!」わ~い、良かった
M先生も悪い人ではないんですが
どうも今までわりとフレンドリーな先生に慣れていたせいか無愛想でちょっと話しにくいんですよぅ
土曜日入院なので、事前検査のレントゲンやら採血やら麻酔科の受診やら一気に済ませた後に
もう一度外科外来へ、そこで気になっていたことを質問
「手術がやたらと早いんですけど、そんなに緊急性があったんですか?」
私はあんまり気にしてなかったのですが、姉に手術日の連絡したら
「そんなに切羽詰った病状だったの?!」と言われ
そう言われてみると心配になってくる・・・・
男前先生「それは大丈夫、ま早いに越した事は無いんだけど、今月手術の予定が詰まってて6日を逃すと結構先になっちゃうから入れただけだよ」って良かった~
その他にも、右卵巣が悪性だった場合リンパも取るのか?
排尿障害とか大丈夫?
とか、思いついたことを片っ端からぐだぐだ聞いてみました

リンパについては、大腸からの転移だったら大腸のほうのリンパ節はもう取ってあるから取らないし、その場合は卵巣関係のリンパ節を取る意味は無いからそれは取らない

排尿障害については神経を傷付けないようにやるから心配しないように「まかしてください!」って、頼もしいっす

手術時間は手術自体は2時間程度のものだけど、3回目の開腹だから癒着が進んでると思うから+1時間はかかると思う

癒着がひどければ大腸を剥がす時に大腸を切らなければならない可能性もあるので、腸の手術の用意もする事・・・術前浣腸、強力下剤とかですね・・・

などなど今日の夕方、M先生から正式な術前説明があるんですが
男前先生のほうが聞きやすいのでつい聞いてみました、ちょっと安心しました~
にしても、忙しい
スポンサーサイト
病気 | comments (2) | trackback (0) |
Back TopPage Netx
手術日 決まったんですね
って言うか、もうすぐ
がんばれ!
それしか言えないけど、祈っています♪
術後の経過よく、またココでお話できるの楽しみにしています!
o(*⌒O⌒)bふぁいとっ!! 嫁ちゃん!
2006-11-02 Thu 17:08 | URL | あさみ #-[編集/削除]
あさみさんへ
もう、手術も3回目となると私も家族も段々慣れて来た感じで
まだ入院の準備してないし(汗)
術後早期離床を目指し頑張ってきます!!
2006-11-03 Fri 08:38 | URL | 嫁 #-[編集/削除]
 

管理者だけに閲覧
 

TopPage
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。