2005年28歳にして大腸癌を患うも、旦那と共にお気楽な日々を送る嫁の日常です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
ネタ作り?!
新しい担当医のセナ先生と仲良くなるべく
何かネタは無いかな~と思っていたら
自ら作ってしまいました
最近入院の時は、バスで行っていたのですが
このバス、自分で運転していく道とは違いかなり遠回りをするので
乗り換え後40分近く乗っていると
つい途中でうとうとと寝てしまうのです・・・
いつも、ちゃんと起きるので大丈夫!と思っていたのですが
今回は、うとうとして目が覚めたら
??????
見たこと無い場所だ!どうしよう乗り過ごした!!
ちょうど赤信号で止まっていたので慌てて運転手さんに
「すみません乗り過ごしたみたいなので、ここで降りてもいいですか?」と聞いたら
「いいですよ」とドアを開けてくれたので、そのまま降りて走り去るバスを見送り
辺りを見回してみると
ここどこ???
駅が近くにあったので行ってみたものの、最寄の駅とは路線が違い乗ったら更に遠回りになる感じ・・・
それにしても此処は何処だろう?と見回すこと数分
しまった、かなり手前で降りてしまった模様!!
次のバスは30分後、タクシーも常駐して無いし・・・・
ええい!こうなったら歩いてしまえ!!
と歩き出したものの病院が見えない~
ものすごく、あやふやな記憶を頼りに歩く事10分(かなりの早足)
見えたーーーーー!病院が!
でも、遠い・・・・
そこから幹線道路には目もくれず、ひたすら病院まで直線的に歩く歩く
住宅地を通り抜けると、そこはリンゴ畑・・・
しばし迷った後
「ごめんなさい、すみません」と地主さんに心の中で謝りつつリンゴ畑を横断
すると、つぎは田んぼに突き当たり、またまた
「ごめんなさい、すみません」と唱えつつ、あぜ道を突き進み
40分くらいで何とか着きました~
30分近く遅刻しちゃいましたが連絡入れておいたので
何とか大丈夫な様子

診察の時に、セナ先生が「今日は体調どうですか?」と言うので
「〇〇駅から歩いてきたくらいの元気はあります」と答えたら
看護士さんとセナ先生、ちょっと動きが止まって
「〇〇駅って遠いよね?!歩いてきたの?へぇ~」と驚かれたり
失笑をかったり・・・ま
つかみはOKって感じでした

今回の治療前にセナ先生から
「白血球の値、低いけど行けると思うから、やっちゃいましょう」と言われ始めたのですが
2日目に何故か39.6度と言う高熱が出てしまい途中で終了・・・
治療の様子はまた次の記事でアップします~
ちなみに、途中で終了したので今回はいつもより元気です
スポンサーサイト
化学療法 | comments (6) | trackback (0) |
Back TopPage Netx
どこで降りちゃったの???と思って読んでいたら、手前だったのね~(笑)
嫁ちゃんらしいというか、サザエさんっぽい感じですよ~!!
たくさん歩いて、歩きすぎて発熱してしまったのではないですか~??
熱はもう下ったのかな・・・?
油断は禁物なので、無理はしないで大事にしてください!!

仲良くなるきっかけ作りのネタ探し、私も嫁ちゃんを見習わなくちゃ!!
2007-04-14 Sat 22:09 | URL | ちゃこら #-[編集/削除]
あははは・・・・
ホント我ながらお間抜けだなあ~と思いました
熱は一日で下がって昨日は農作業もしてきました~
セナ先生も冗談の解るタイプのようで安心しました
もう少し身体に優しいネタにしたかったんですけどねぇ・・・
2007-04-16 Mon 08:22 | URL | 嫁 #-[編集/削除]
こんにちは!いつもお元気な声まで聞こえてきそうな、ブログ。楽しく読ませていただいてます。一度、コメントしたかったのですが、その訳は、わたしも担当ドクターに思いっきり恋心を抱いて、ものすごい短期間で体調良好の成果をだせた人間なのです。

はじめは、馬鹿らしいと思われてもいいわ、と思いながら、この気持ちをお店にくるお客様に話すと、『それは、間違いなく恋ですよお』といわれ、相談する人はひたすら主人。『まー、それで、身体の調子がよくなるってことは、いいんじゃないの?』と理解あるので
(というか、わたしのことがどーでもいいので?)ついつい、必死になって一ヶ月1回の検診にいってると、どんどん、痩せてきて、
半年で8キロのダイエットに成功しました。

しかし、その半年がおわったころ、私もその先生〔以下K先生と書きます〕が、転勤になっちゃって。その先生は滋賀県の病院に変わられたので、やはり大阪からだと遠いし。なによりも、それでも通おうとしてた私に、『僕、もう、外来みないかもしれないんですよ』と。
ががーん。それじゃ、行けないじゃん!と大ショック。そこから、体重も油断して、どんどん、もとに戻る始末。あ~・・・・、という日々を
送っていました。

で、K先生がいなくなっちゃったので、もともと、見てもらってたクリニックにもどったら、そのおじいちゃん先生はなにかと、前のK先生の診療方針が気に入らないらしく、すぐ、怒るし。もういやだなーと
思ってたときに、違うクリニックを紹介してもらい、思い切って
病院をかえてみました。

あたらしい、N先生は若くないけど、雰囲気は『皇太子さま』って感じ。穏やかで、やさしくて、あー、この先生に診てもらおうと思い、
少し遠いのですが、今は40日に一度のペースで通ってます。

ところが、私の身に異変が。〔大げさです〕ネットで、滋賀の病院を検索してたら、なんとK先生が外来に登場したんです。

あー、行きたい、でもN先生に悪いし・・・どうしよう、どうしよう。
またまたお客さまに相談です。すると、看護婦さんのご意見は、
『絶対、いったほうがいいですよ。結構、そんな患者さん、多いですよ』

勇気を振り絞って、N先生に相談。
しかも嘘をついて。

『あのー、N先生、私、仕事で滋賀にいく用事ができて。ですので、
一度K先生にお会いしてきたいんですけど、あのーお・・・』すると
N先生は。
『いいですよ、紹介状、書きましょう。』
『え?!!』
あまりにもすんなりいわれたので、それはそれで、見捨てられる気分になり、先生怒ってんのかな、と思いつつ、聞いてみました。

『先生、わたし、多分症状が安定してるので、こんな大病院ではなくて、小さなクリニックに移ってください、ってまた返されると思うんです。そのときは、N先生にまた受けていただきたいんですけど、いいですか?』
というと、N先生は『もちろん。一回K先生の顔見たら、気がすむんでしょ?』と笑いながらおっしゃってくださったんです。

なんて、できた先生!!するとN先生はこうおっしゃったんです。

『僕の知ってる患者さんで主治医のドクターが鹿児島にいったので、月1度、飛行機にのって、大阪から鹿児島へいってる人いますよ。僕からすればねー、そんな鹿児島へ行くほどの医者かなーって思うんですけどね。でも人間の免疫力の高まりが医学では想像がつかないほど、病気をなおすことにつながることは否定できない。僕は本当にそう思います。だからあなたも、いってきたらいい』

もう、感涙です。でも私もほんとうにそう思います。
だから嫁ちゃん、お互いにだんながいる身ですが、がんばろう!

って、ものすごーい、長いコメントになっちゃいました。すみません。お姉さんはお元気ですか?波照間で、この話したかったなー。では、治療、大変ですけど、本当に尊敬します。がんばって!!




2007-04-16 Mon 13:42 | URL | シェフの嫁 #-[編集/削除]
バスって危険ですよね。路線や下りる場所を間違うと、修復するのにかなり時間がかかりますよね。
嫁さんかなり猛スピードで歩いたのですね。畑や田んぼを突っ切る様子想像して笑ってしまいました。
私も田舎に住んでいますが、田舎って見晴らしが良いので目的の建物が見え「歩いていけるじゃん!」って思っても、実際歩くと遠い遠い・・・なんて経験があります。
歩ききった嫁さん相当な根性ありますねぇ。
セナ先生ってクールな感じ?を想像したんですが、どうですか?
2007-04-17 Tue 05:08 | URL | ヘンリエッタ #-[編集/削除]
シェフの嫁さんへ
コメントありがとうございます~
ホント先生への想いは
恋に近いと言うか、生背骨を見られたかと思うと
他人とは思えないと言うか、何とも説明のつかない想いです
別れは寂しかったですがセナ先生が思っていたよりも
親しみやすそうなので県外まで追いかけて行かずに済みそうかな・・・・
と言うか、転院先もちゃんと教えてくれたので心の中で
「〇〇病院で先生も頑張ってるのね」と思うだけで、何となく落ち着きますi-179
自分の体のことを心置きなく相談できるって旦那とは違う安心感がありますものねぇ
今回も原因不明の高熱が出てしまい、旦那に
『原因わからないんだって~』と言ったら、『男前先生に相談してみる?』って聞かれましたi-229
私が病気で不安になったら、とりあえず男前先生と話せればいいんでしょ?って感じでしたよi-231
しかしN先生も相当良い先生ですね!
きっと私達には「良い先生と巡り合える運命」を持ってるんですよ
きっと

姉も元気にしてます
従妹にも旅の話をしたら「是非行きたい!」と言われ
次回は嫁一族の集団旅行になるかもしれませんi-229
三線を帰りに買ってしまったので二人で仲良く弾いてます~
2007-04-17 Tue 09:23 | URL | 嫁 #-[編集/削除]
ヘンリエッタさんへ
今回降りてしまった場所は、前回まで寝て通り過ぎていた場所だったらしいです
だから、見覚えなかったんですよねぇ・・・・
>田舎って見晴らしが良いので・・・
って、そうそう!そうなんですよね
やっと見えたのに薄っすら霞んでいた時は、半泣きになりましたi-240
でも、幹線道路を外れていたので今更バスに乗れないし
タクシー呼ぶにも何処に来てといえば良いのか解らず歩くしかありませんでした・・・・・i-282

セナ先生は私もクールな人かと思ってたんですが
今回の入院前にこのネタを話してから
病棟に来る度に笑顔で嬉しかったです
いや~身体張った甲斐がありました~
2007-04-17 Tue 09:29 | URL | 嫁 #-[編集/削除]
 

管理者だけに閲覧
 

TopPage
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。