2005年28歳にして大腸癌を患うも、旦那と共にお気楽な日々を送る嫁の日常です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
初めての治療中断
先週10日から白血球数少なめで始めたFOLFOX治療
(値は詳しく聞いてないので知りません~
10日はリバースもせずに過ごせたのですが、11日に目覚めると
何となく熱いかな~多分微熱あるんだろうな~って感じの体調
朝の検温で37.4℃、ちなみに朝の検温までに1回リバース
吐き気止めの点滴打ってもらって、点滴されながら2回リバース・・・
でも本日のリバースはこれで終了、ほっ
時間が経つにつれて更に熱くなり、だるくもなってきたな~
と思っていたら看護士さんが点滴交換ついでに検温してくれて
38.6℃に上昇、う~む熱い・・・・
「氷枕使いますか?」と言われるも「痺れるので・・」とお断り
私の使ってる薬の副作用で、冷やすと冷やした部分がびりびり痺れると言う副作用があるため冷やせないのです
看護士さんも「そうでしたね」って・・・忘れられてました
どうやらセナ先生に相談しに行った様子
セナ先生が登場~聴診器で肺の音を確認後
「肺のレントゲンと血液検査しましょう、何か肺に変化がおこってる可能性もありますし・・・」って、おいおい今度は肺に転移か?!
などと言われるも熱でぼーっとしてるので、はいおっしゃるとおりにします~と、あまり動揺もせずにレントゲンへ行く事に
熱が上がってる自覚があったので無理せず車椅子で看護助手さんに連れて行ってもらいました
さて撮影、という所で「あ、ブラにワイヤー入ってる」と思い出したものの脱衣所まで行くのも億劫で
若い男性の技師さん二人の前でブラ外してしまいました・・・
撮影後、看護助手さんに「ごめんね、高齢の人ばかり連れ慣れて来てたからブラの事、忘れてたわ。ごめんね~」と誤り倒されました
ベットで肺に転移してたのかな~とか、肺炎でも起してるのかなあとか思いつつ待っていると、セナ先生登場~
「レントゲンも血液も異常無かったです。原因は・・・ん~わかんないですね~。でも、検査で異常が無いので抗生物質は使わずに解熱剤だけで行きましょうね」との事
そのまま、ベットで大人しく寝ていたのですが
待てど暮らせど看護士さん現れず嫁は放置プレイのまま
喉が渇いたので自販機に飲み物を買いに行こうと立ち上がろうとするも何故か身体が持ち上がらず・・・・
ベットから足だけ下ろしてみたり、うずくまってみたり、しばしうごめいた後に
どうにも身体がしんどくなったのでナースコール
「しんどいので何か熱下げるもの下さい」とお願いして検温すると
39.6℃に上昇してました、そりゃしんどいわな~
さらに待ち続けてようやく、解熱剤の筋肉注射を打ってもらいしばし爆睡
目覚めると身体が随分楽~
この頃から看護士さんが頻繁に現れるようになり検温すると39.1℃
・・・大して変わらないけど随分楽
その後38.5℃まで下がったのですが、先生の判断で今回は2日目の夕方で中止となりました
その後は37℃台まで下がり、次の日は平熱になりました~

今日、血液検査と診察に行ってきたのですが
相変わらず「異常ないですね~」とのこと・・・・
セナ先生に「熱の原因で考え付くものってありますか?」って聞いてみたのですが
「ん~~~~ない!」って・・・・
「ポートの感染だったら針抜いても熱下がらないだろうし、もしかしたら、抗癌剤のアレルギーかもしれないけど・・・」
「最初の点滴でアレルギーは聞いた事ありますけど、次の日からの持続点滴でのアレルギーってあんまり聞いた事無いんですけども・・・」
「そうなんだよね・・・・まあでも、今の時点で体調変化無いなら次回も予定通りにやって、それでも熱出たら抗癌剤そのものを見直す方向でいきましょうかね」
という事になりました、次回も熱発するかどうかドキドキです~
スポンサーサイト
化学療法 | comments (20) | trackback (0) |
Back TopPage Netx
心配ですね。

FOLFOXやってたときに看護師さんに教えてもらったのですが、点滴すると普段より熱が上がるらしいです。
でも、ほんのちょっとなので(私は平熱36度を切りますが、点滴のときは37度越えてました)、嫁さんのような高熱にはならないはず。

2007-04-17 Tue 18:47 | URL | 舞羅。 #a2H6GHBU[編集/削除]
うわ~っ つらかったね(><) お疲れ様・・・!
次回はドキドキなんだね(・・;)
なんにしても、回復してよかったね。肺炎とかだったらタイヘンだもの・・・。
それにしても、高熱での放置プレーはヒドいよ~っ
さらにそんな時にブラのワイヤーの心配までさせないでほしい(汗)
でもでも、わたし、点滴はすべて入院中だったんだけど、一度もブラなんてしなかったよ・・・。ブラしないのは「高齢の人」なのか・・・。
2007-04-18 Wed 19:04 | URL | すみ #-[編集/削除]
今回の嫁さんは辛そうだな。
高熱も原因がわからないんじゃ余計心配になっちゃうよね。
セナ先生には悪いけど「男前先生カムバーック!」って思って
しまいました。あ、嫁さんの中でしまっておいた言葉だったら許してね。
2007-04-19 Thu 13:02 | URL | ヘンリエッタ #-[編集/削除]
嫁ちゃ~ん!!大変だったね~!
スゴイ高熱出たんだ・・・。高すぎ~!辛かったでしょ?
だって40℃近いよね?
でも血液も肺も異常なしで良かった!
治療が中断しちゃうとなんかフヌケ状態じゃない?
次は熱も出ないで点滴出来るといいね!
私も入院中はブラってしなかったよ~!高齢か~!
2007-04-20 Fri 00:01 | URL | みぃ #-[編集/削除]
舞羅さんへ
今までも38℃代の熱は出たことあったんですが
39℃越えは初めてでした~
先生もきっぱり「原因解らない」って言うし・・・
ま、もともと副作用で鼻水出たり、唾液の大量生産になったりと
あまりメジャーではない副作用が出ているので
とにかく来週の結果待ちです~
2007-04-20 Fri 14:30 | URL | 嫁 #-[編集/削除]
すみさんへ
ホントに放置プレーは切なかったです(泣)
>ブラしないのは「高齢の人」・・・
って、介助員さんが最近介助したのが高齢の人続きだったって
事らしいですよう
寝るときブラ着けてる私のほうが珍しいだけです~
2007-04-20 Fri 14:33 | URL | 嫁 #-[編集/削除]
ヘンリエッタさんへ
ホントに先生変わったとたんに問題発生なんて・・・
でも、セナ先生も心配だったのか何度も来てくれました
高熱出た丸一日はしんどかったですが
早めに終わらせたのでいつもよりは元気なんです~
2007-04-20 Fri 14:36 | URL | 嫁 #-[編集/削除]
みぃさんへ
いや~熱には強い体質なのか
抗癌剤の副作用よりは平気でしたi-179
39℃越えたので「しめしめこれで抗癌剤やらなくても、ガン細胞やられるかも」と一人でムフムフしてましたi-229
>入院中のブラ・・・
普通はしないですよね・・・
私はどうも汗疹ができやすい体質なので、してないとお肉とお肉がくっつく部分が痒くなってしまうのです~
術後も2日目には着けてました、もう癖になってるから着けないと
変なんですよ~
2007-04-20 Fri 14:43 | URL | 嫁 #-[編集/削除]
俺の嫁さん、私と同じような熱がでていたんですね~。おおお~同志よ~~~~。
人間の身体って本当に不思議だと思いました。
私の高熱も頸部も、そして、シロだったしこりの急変もみんな原因は不明のまま。
症状=何か原因があるはずだ!と思っていただけに、ああ、そうじゃないこともあるんだな~と思いました。ただ、なんでも、結果が「がん」と結びつけて考えられてしまうのが最悪ですけど。
応援ありがとう!本当に支えになりました。嬉しかった。
本当に俺の嫁に来い!! 
でも、その前に、まずは身体を休めようね。
2007-04-22 Sun 10:37 | URL | きゃんべる。 #sSHoJftA[編集/削除]
 きっと体が悪い物を溶かす為に熱を出してるんですよ。熱が下がったらきっと悪い物もなくなってるはず。イメージで乗り越えられるといいですね。応援してますよ。
2007-04-22 Sun 22:37 | URL | ねこた #-[編集/削除]
抗癌剤中に、一度も熱を出さなかったし、もう何年も熱を出してないから、想像だけど、しんどいよね。
けど、大過なくてよかった。新しい先生とも、順調でそれも良かった。相性が悪いと、こんなに辛いこともないしね。
次の抗癌剤、楽に出来ますように!祈ってるよ。
2007-04-22 Sun 23:58 | URL | ちこちこ #-[編集/削除]
こんばんは☆
嫁ちゃん、大変だったね・・・
大丈夫かい・・・?
私は抗癌剤治療中に高熱でて、薬も飲めないししんどかった時があったんだけど、私の場合は原因がはっきりと風邪だったんだァ。
治療中の熱ってツライよね~><

原因がわからないのって気になるけど、肺に異常がなくて良かった☆
次回・・・無事に治療ができますようにっ・・・☆
2007-04-23 Mon 00:19 | URL | hisae #-[編集/削除]
もう落ち着かれたかな?
熱、同じ時期にうなされていたのですね~。39度を超えると何かがおかしくなりますよね。つらかったね。大変だったね。
お互いきっとこの高熱で悪い細胞も少しはやっつけられたよ! 
2007-04-30 Mon 23:40 | URL | れひ #f4RRH762[編集/削除]
 私も去年のちょうど今頃だったかな? 
 同じく39度の熱をだし、白血球・赤血球共に価が0に近くなってしまったので、緊急入院しました。私の場合は、点滴でマシになり、4日入院しただけで抗癌剤治療は続けましたが、嫁ちゃんは無理しないでね。
 といっても、そういう状況にあった私が、現在はこ~んなに元気で毎日何時間も歩いてるので、嫁ちゃんもきっと大丈夫だよ! 
「つらいのは、元気になるため。数日で苦しいのもどっかいっちゃうんだ!」って自分に言い聞かせて、私の場合は言葉もロクに通じないドイツで頑張ったので、嫁ちゃんもきっと大丈夫! 
 しんどい時は「しんど~い!」って甘えちゃって、のりきってね! つらいのがひと段落したら、あとはいいことが山のようにやってくるはずだから!
2007-05-03 Thu 23:32 | URL | 彰 #-[編集/削除]
きゃんべるさんへ
白で本当に良かったです~v-406
何かあると、とりあえず「再発か?転移か?」と思ってしまうのはきっと一生続くんでしょうね・・・・
何だか熱発者が多発で、日本全国熱でガンをやっつけよう!!キャンペーン期間だったのかもしれませんねぇ
>身体を休めよう・・・
ははは・・・ゴールデンウイーク中は関東近辺を移動しまくってました
きゃんべるさんこそ、しばらくは大人しくしなきゃですよ~
2007-05-06 Sun 11:41 | URL | 嫁 #-[編集/削除]
ねこたさんへ
はい~何だか身体から
「もう抗癌剤はいらん!!自分で何とかするんじゃ!!!」と言う叫び声が聞こえたような気がしました
先生にも「身体が嫌がってるんじゃないでしょうか?」と言ってみましたが、ニヒルに笑われてしまいました・・・
でも、同じ病室の抗癌剤仲間には「きっとそうよ~」と賛同を得ましたよ~
2007-05-06 Sun 11:44 | URL | 嫁 #-[編集/削除]
ちこちこさんへ
今回は微熱程度で(っても38度は越えちゃいましたが)体が熱い~
と思うぐらいで済みました
病気で発熱するのと違うのか純粋な『熱』って感じで
39℃行くまではひたすら熱いだけなんですよ~
これでガンが消えれば楽なもんですぅ
2007-05-06 Sun 11:46 | URL | 嫁 #-[編集/削除]
hisaeさんへ
ホントに「肺に異常があるかもしれないし」って言われた時には覚悟しましたv-409
先生も可能性で話すから仕方ないんですけども
心臓に悪いですよぅ
あと数回で終わる予定!!なので毎回熱が出ないように祈ってますv-421
2007-05-06 Sun 11:48 | URL | 嫁 #-[編集/削除]
れひさんへ
れひさんだ~ゴールデンウイーク中に3日間茂木に居たので
会いに行きたい~v-398
と思っていたのですが旦那が一緒で身動きとれず・・・・
後でブログにおじゃまします~
2007-05-06 Sun 11:51 | URL | 嫁 #-[編集/削除]
彰さんへ
>白血球・赤血球共に価が0・・・・
って、大変だ~っ!!!!!
何だか私の造血細胞は頑丈らしく、1週間経ったら自力で値が戻ってましたv-395
旦那や姉には「きっと全ての細胞が活発なんだよ(がん細胞含め)」と言われていますv-406
点滴してから数日すればご飯も普通に食べられるし、普通に動けるし毎回毎回『普通』のありがたみを実感してます
でもでも、早く毎日が普通になりた~いって贅沢ですよねv-413
2007-05-06 Sun 11:55 | URL | 嫁 #-[編集/削除]
 

管理者だけに閲覧
 

TopPage
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。