2005年28歳にして大腸癌を患うも、旦那と共にお気楽な日々を送る嫁の日常です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
後2回~
今回の治療は、1週間の旅行の直後だし
毎日飲んだくれてたし・・・
きっと肝機能や白血球低くて延期になるんじゃないかなぁ
と半分期待して行ったのですが
血液の値に異常なし
で、無事8回目終了しました
私の造血細胞どこまで頑丈なんだか・・・・・

今回は沖縄パワーが充填されていたせいか
めずらしく初日はリバースせず
「今回はこのまま行けるか?!」と大いに期待したのですが
翌日からいつもどおり
でも、何とか終わりました~
食べてないので何だか力が入りませんが、明日は旦那と山梨に行く予定
唯一の食物、ヨーグルト食べて行ってきます~
化学療法 | comments (6) | trackback (0) |
大腸仲間
 今回の抗癌剤治療入院は木曜の夜退院で、現在またまた唾液分泌多めですが食欲もほぼ戻り回復度90%ってところです
 6日にいつも通り4人部屋へ入院
 今回初めて同じ大腸癌の人と同室になりました
 (いつも婦人科系か大腸以外の消化器系の方とばかりでした)
 その他の二人は腸閉塞のお二人、一人は83歳で来週手術を控えているとの事
 チューブを大腸へ入れて徐々に洗浄していましたが基本的にとても元気でよくおしゃべりしていました
 もう一人の腸閉塞の方は、とても痛みが強いそうで冷や汗をだらだら流しながら痛みと格闘しつつ
 でも、基本的におしゃべりが好きなようで合間合間で色々お話しました
 お隣さんは7日から私が使っているFORFOXを始めるそうで
ちょうど1日前から実施していた私の治療を見て、色々お話しました
副作用の事、気をつけている事などなど・・・
 念を押しておいたのが、私は副作用でゲロゲロしていたけれど最初の10回までは吐いた事は無くて副作用も軽くて済んだ事
 幸い1回目の治療では重篤な副作用も無く隣で御飯を普通に食べている姿を見て安心しました、初めての病院大腸仲間でしたが
主治医が違う為、治療日がずれる様子・・・残念ですがまた元気で会いましょうねと約束してお先に退院して来ましたniya

ってなわけで気持ち悪い中でも、それなりに楽しく過ごせた入院だったのですが
ショックな情報も入手してしまいました
それは、担当の男前先生が4月で転院してしまうかもしれないのですがーん
同室の方と担当の先生について話している所に看護士さんが来たので
色々聞いていたら(あの先生はいったい何歳なのか?とか薬剤部に奥さんがいるらしいが、どの人か?とかくだらないこと・・・)
異動の話になり・・・男前先生は昨年からこの病院に来たのでその前はどこに居たのか聞いていたら
「男前先生は1年ここに勉強に来てる先生ですから、また県外の病院に戻るんですよ」って
えええええっ!!!
嫌じゃ~!!ってか
そんな話初耳じゃ!
どうやら私の以前の担当のラーメン大好き小池先生(似てるから)は内視鏡手術の権威らしく、その勉強に来ていたらしい・・・
他にも好きな先生がいたのですが(冗談も解るし、入院すると毎朝会いに来てくれるし、何より話をちゃんと聞いてくれる先生!)昨年男前先生と入れ違いで転院・・・・
小池先生も嫌いではないし、むしろ人間的には好きな方なのですが
抗癌剤の効きについて、男前先生とは正反対の事を言ってた事もあったり・・・FORFOXは10回が限度でその後どんなに期間を空けても再使用は無理って言ってたし・・・・男前先生に聞いたら「手足の持続的な痺れが消えたら再使用できますよ」って・・・
それ以上に小池先生は外科部長なので担当も多くて、忙しそうなのです
まだ男前先生から直接異動の話は聞いていないので、せめてもう1年いてくれないかなあ~
と願ってます
化学療法 | comments (16) | trackback (0) |
ビバ入院!!
予定通り23日から入院で抗癌剤FOLFOX治療して来ました
当初25日退院と思ってたのですが、抗癌剤が終わるのが25日のよるになってしまうので26日まで延長~
んで、感想ですが
ビバ入院!!吐き気止め点滴素敵
ってくらい、前回より楽に過ごせました
まあ・・・数回は吐きましたが
いつもの胃から搾り出すような吐き気が、喉元ぐらいで済み
投与後も続くだるさが、投与終了と同時に終わり
前回まで抗癌剤終了するまで水分以外摂取できなかったのが
25日の時点で、ヨーグルト1カップ間食!!
できるだけ外来治療で・・・と頑張ってくれていた主治医の男前先生も
「う~ん、吐き気止めの点滴、効果あるねぇ
 こんな事なら、もう少し早めに入院にしてあげればよかったね」と
そんな訳で、次回からも入院して投与することになりました
今回の入院では、入室後直ぐに抗癌剤開始だったので
最初に同室の皆さんに、挨拶だけして
カーテンを締め切り、同室の皆さんさようなら
ちょっぴり寂しかったですが、婆害にも遭わず自分の治療のみに専念してきました

26日に退院して、またまた27日早朝から旦那のサーキット通いへ同行・・
「大人しく寝てれば?」と言われたものの
「一人じゃ寂しい~」と無理やり着いて行きました、体調は良かったものの唾が・・・・
相変わらず大量生産されているので、話している間にも口の中に唾が溜り
旦那に「何言ってるか解んないよ」といわれる始末
今は大分落ち着いてきて、回復度85%って感じです
治療開始すると舌が真っ白になるのですが、それの回復と同時に味覚も戻ってきて
明日には95%は回復する見込み・・・
前回辺りから、100%回復する前の98%くらいで次の治療が来てる感じでしたが(微妙な胸焼けが残る・・)
今回はどこまで回復するのか、ちょっと楽しみです

入院中、男前先生が朝夕と様子を見に来てくれて
「吐き気があったら、遠慮なく点滴おかわりしてね」と何度も念を押してくれました
他の先生は一日一回でしかも、手術日は来なかったりするのですが
男前先生は毎日来てくれます、日曜日まで・・・
(私服の上に白衣を羽織って、朝方だけ登場)
嬉しいけど先生が心配
外来診察も一人一人丁寧に話を聞いてくれるので、いつも終わるのが一番最後の男前先生
若いからと言って無理せずに元気でいて欲しいです

それと担当の看護士さんが今週末から産休入りするそうな
昨年11月に数ヶ月ぶりに入院した時に
マタニティーの白衣を着ていて
『あれ?半年前は独身だったよね?名札の名前も変わってないし・・・』と自問自答、看護士さんなどで旧姓を使い続ける人も居るからそうなのかなあ~と思いつつ
思わず
「入籍が先?赤ちゃんが先?」と率直に聞いてしまいした
(聞ける雰囲気のサバサバした看護士さんなので)
「こっちが先」とお腹を指差す看護士さん
11月の時に1月で産休入りますと言っていたので、今回は会えないかな~
と思っていたらぎりぎりセーフ
11月の時に体拭きをして貰いながら乳の話になり
「妊娠して胸が大きくなったら、憧れの谷間が出来ると思ってたのに
、もともと離れ小島だから寄せても谷間が出来ない」と乳話で盛り上がってしまう楽しい看護士さんでした
今回の入院で1年後までさようならです
担当看護士さんが産休明けで復帰する頃には、私もすっかり治療が終了し
検査外来で再会しましょう!誓って来ました~

化学療法 | comments (9) | trackback (0) |
出稼ぎ
今回の抗癌剤は3回目から吐き気止めを処方して貰ってるのですが
飲まないよりは飲んだ方が全然楽!!
と、言うことがよく分かりました

先週の4回目の治療では私の
「唾液が尋常じゃなく多くなるんです、寝てても流れ出てくるんです!」と言う訴えで
男前先生が「ブスコバン飲んでみましょうか?あれ飲むと口が渇くから」とのお勧め
ゾフラン&ブスコバンで吐き気と唾液を抑えてみましたが
どうしても2日目の吐き気が上手くコントロールできず・・・
回数は減ったものの、数回はリバース・・・・
そこで、男前先生に
*FORFIRIと違って今回のFORFOXは吐き気止めが効く事
*でも2日目は朝起きたとが一番気持ち悪いので、薬を飲むタイミングが難しいこと(前日の夜では朝まで持たない・・)
*入院だったら、薬も飲めなくても点滴で吐き気を抑えることができるのでは?
などなど話して、今回の治療でゾフラン&ブスコバンでうまくコントロールできなかったら試しに入院してみましょう
と言う、事になってました
どうやっても具合悪いのが変わらないなら家に居た方が楽
吐く回数も多いから、家なら昼間はトイレは私専用だから安心
と思ってたのですが、入院したほうが楽に過ごせるなら入院した方が良いかな?と言う事で
次回は試しに入院してきます!
我が家では「来週は稼ぎに行って来るからね!」と言っております
私の入ってる保険は、通院ではお金が出ず入院だと出るので・・
楽に過ごせるといいな~
化学療法 | comments (5) | trackback (0) |
3回目終了~
26日から3回目のFORFOX投与で、ただ今7割くらい復活しました
今回は男前先生に
「吐き気止めの薬下さい!ちなみにプリンペランは全く効きません!」と訴えておいたので
ゾフランザイディスをゲット!!
以前の主治医の小池先生(ラーメン大好き小池さんに似てるので)は1日1錠まで
と言われていたのですが、男前先生から
「1日2錠までね」と言われ、ちょっぴり拍子抜け
投薬当日に気持ち悪くなるまで数時間の猶予があるので、帰りの車の中でまず1錠
夕飯も食べれるくらいの、見事な効きっぷり!!
ゾフラン素敵
と思いつつ、さて寝るかと布団に入ったら
何やら、むかむかむかむか・・・・・・・トイレにてリバーーーース
でも、すっきりしたのでそのまま就寝
しか~し、27日は吐き気と共に目覚め慌ててゾフランをごっくんするも
その10分後ぐらいにリバース
1日2錠までだし、10分なら多少は吸収されてると思うし・・・・
と次のゾフランは昼過ぎにすることを決意!
水分は取らねば!と、唯一飲める100%ジュースをコップ半分づつくらい補給しながら
飲んではリバース、飲んではリバースを繰り返し
『私って物凄く不毛な事をしているのでは?』と言う事に気付く頃にはお昼過ぎ
ようやくゾフランを補給し、コタツで寝ていたのを布団に移動し
大人しく寝ていたら、むかむかはするのものりバースには至らず
正しく飲めば効く事を実証
ただ今、ようやく味噌汁とヨーグルトが食べられるようになりました
多分、夜には味の濃い物が食べられるようになり
明日には回復の見込み
毎回、この落差に食べ物のありがたみを実感しています

今回改めて実感してい副作用が
唾液の量が尋常じゃない!!!
しかも鼻水も出るんですよねぇ
唾液の量が尋常じゃなく多いので飲み込み続けていると、お腹が更に気持ち悪くなりリバースの原因にもなるので
ばっちいですが、ぺっぺと出してます
しかも、その唾液が妙に粘液性が高いし・・・
非常に気持ちの悪い例えなのですが
「まるで他人の唾が自分の口の中にあるみたい」なんです
寝ていても、口いっぱいに唾液が溜まって枕元に物凄い勢いで流れ出していたりとか・・・・・・・・
この唾液も何とかならないか次回男前先生に詰め寄ってみます~

ちなみに年末年始は私の実家で過ごす予定
楽ちん楽ちん♪
そして2日は旦那がサーキットへ走りに行くのでお供
旦那の休みは7日までなのですが、何だかんだと予定が入っていて
次回の投与日があっと言う間に来そうで怖いです
化学療法 | comments (19) | trackback (0) |
Back TopPage Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。